« 少女っ子 | トップページ | MINKYMOMO in 夢にかける橋 »

2005年2月25日 (金)

アニメーション制作進行くろみちゃん

Kuromi

『アニメーション制作進行くろみちゃん』と言うOVA(オリジナルビデオアニメーション)があります。アニメ業界の苦労を面白おかしく描いた作品です。皆さんは子供の頃に成りたいと思った職業はありますか?サッカー選手?デザイナー?それともアイドル?子供の頃の夢は無限大です。大人になった今、その夢を忘れてはいませんか?その夢を叶えられるとしたら素晴らしいとは思いませんか?現実的には夢を追う事は難しいかもしれませんが、もう一度人生をやり直せるとしたら夢を叶えたいですよね。

 しかし夢を追うのは簡単な事ではありません。障害もあるでしょう。打ちひしがれる事もあるでしょう。だけどその夢を諦めずに、泥まみれになって手に入れた時の喜びは何物にも代えられません。苦労すればするほど喜びは大きくなるのです。百の苦労に対して、一の喜び。それでも成し遂げたと言う満足感はとても大きいものなのです。

 『アニメーション制作進行くろみちゃん』は、そんな夢を叶えようとする女の子のお話です。特に創作に関わっている人は勇気とパワーを貰える事うけあいです。テレビ放送をしてないし、レンタル店にも入荷されているのが稀な作品ですが、夢を追う事の素晴らしさを体験したい人は一見の価値がありです。機会がありましたら、笑いあり涙ありの感動アニメ、『アニメーション制作進行くろみちゃん』を是非御覧になって下さいませ。

『アニメーション制作進行くろみちゃん』
原案・企画・制作:ゆめ太カンパニー/監督:大地丙太郎/発売元:ユニバーサルミュージック株式会社/税抜¥4.800

|

« 少女っ子 | トップページ | MINKYMOMO in 夢にかける橋 »

コメント

はじめまして。「フィギュア17」の感想にコメントをいただきまして、ありがとうございます。

「アニメ制作進行くろみちゃん」は、あまり知られた作品ではありませんが、私も大好きな作品です。特に好きなのが、くろみちゃんが苦労して作り上げた作品の試写をみている時に、EDのスタッフ・ロールに自分の名前を発見して微笑む場面です。
私も物語を作り上げたいと四苦八苦していた時期があって(今では挫折してしまったのですが)、1つの作品を作り上げることがどんなにたいへんか多少は知っているつもりなので、くろみちゃんの気持ちが手に取るようにわかるような気がしました。

大地丙太郎さんの監督作品では、このくろみちゃんと「ナースエンジェルりりかSOS]、「フルーツバスケット」が大好きです。

投稿: 横溝ルパン | 2005年3月30日 (水) 12:56

 くろみちゃんにコメントを頂けるなんて思ってもみませんでした。有難うございます。EDのスタッフロールの場面は本当に苦労が報われるので、見ていて嬉しくなりますよね。創作に携わっている人は絶対に誰でも感情移入しちゃうと思います。それと「くろみちゃん2」も好きなので機会があれば感想を書きたいと思ってます。

 「フルーツバスケット」は、ぼくも大好きな作品です。とおるちゃんのボケで笑い、無垢な心に涙しました。「ナースエンジャルりりかSOS」は未見です。

 横溝ルパンさんの「フィギュア17」の感想を楽しみにしています。古くても好きなアニメの感想を全話通して読むのは楽しいんですよね。

投稿: さいた | 2005年3月31日 (木) 07:03

こんにちは。いつもお世話になります。

くろみちゃんの記事にTBをいただき、ありがとうございました。そのTBで思い出しましたが、さいたさんのところに最初に書き込みをしたのが、このくろみちゃんでしたね。
3年前の自分の姿をそこに見つけて、何だか懐かしくなりました。(^^)

これをきっかけに、さいたさんとのやり取りが始まったのだと思うと、感慨深いものがありますね。
あらためまして、今後ともよろしくお願いします。

投稿: 横溝ルパン | 2008年4月 2日 (水) 18:11

横溝ルパンさんへ

僕が初めて書いた記事が「くろみちゃん」なんですよね。その記事に初めてコメントを書いて下さった方がルパンさん。そして僕が初めて他人のブログに書き込んだのが、ルパンさんが書かれた「フィギュア17」。

「くろみちゃん」と「フィギュア17」と言う作品が世に出てなかったら、僕とルパンさんは知り合う事はなかったかもしれないと思うと感慨深いです。

あれから3年が経ったんですね。なんか長いようでとても短いですね。これからも末永く宜しくお願いします。

すみません、この文章を書いていたら感傷的になって涙が出そうになってきました。思い出に弱い歳になったみたいです。

投稿: さいた | 2008年4月 3日 (木) 08:20

横溝ルパンさんてどんな人かなと思っていたんですが
くろみちゃんの記事がきっかけでココに来られるようになったんですね。

ボクはくろみちゃんを見たことないので、関係のない話になるんですが、作品を作るという点では、

ゲゲゲの女房や水木しげる先生のマンガを読んでると生活が苦しかった貸本マンガ時代の作品を随分リメイク、
グレードアップされているんですよね。傑作は一日で、
できずなんですね。

でも、どうしてあんなに大変な状況で意欲を保ち続けることができるのでしょうか?スゴイと思います。
パワーを一かけらでも分けて欲しいものです。

さいたさんのプロフィール記事「ゲゲゲの女房」は
いよいよゲゲゲの鬼太郎の連載開始か?を見たもので・・・

投稿: あおば映治 | 2010年7月12日 (月) 23:51

あおば映治さんへ

横溝ルパンさんは、僕が初めて書いた記事(アニメ制作進行くろみちゃん)にコメントを下さったんです。それ以来ずっと仲良くさせて貰ってるんですよね。

あおばさんも「ゲゲゲの女房」を御覧になってたんですね。僕は先週から観始めたんですが、途中からでも主人公の水木先生に共感できました。得意なもので勝負したい、そんな水木先生の気持ちが手に取るようにわかりました。漫画を描いている身として、漫画やアニメを題材にしている作品は興味を惹かれますよね。特に苦労して作品を仕上げている場面には、思わず感情移入しちゃいます。

本当に水木先生のパワーは凄いです、…でも、あおばさんもパワーも凄いですよ!毎週のようにカラー四コマ漫画を仕上げるなんて好きじゃなければ出来ないですよ。僕も少しは見習わなくっちゃ!

投稿: さいた | 2010年7月14日 (水) 16:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86933/3073151

この記事へのトラックバック一覧です: アニメーション制作進行くろみちゃん:

« 少女っ子 | トップページ | MINKYMOMO in 夢にかける橋 »