« MINKYMOMO in 夢にかける橋 | トップページ | ちっちゃな雪使いシュガー#1 »

2005年3月31日 (木)

MINKYMOMO in 旅だちの駅

momo_06 『MINKYMOMO in 旅だちの駅』

かの有名な「魔法のプリンセス・ミンキーモモ」のOVAです。DVDには「夢をかける橋」と「旅だちの駅」が混入されています。今回は「旅立ちの駅」の方をレビューしたいと思います。
 
 とある中央駅にモモが乗った列車が到着するところから物語が始まります。その駅でフェナリナーサのモモと、マリンナーサのモモが再会します。そして二人は戦争で孤児になった少女に出会い、彼女がスリをして生き延びた事を知ります。そして叶えられなかった夢の事も……

 「旅だちの駅」はファンタジー色の強い作品です。時系列を交差させたり比喩を使った表現が実に上手いので、思わず世界にのめり込んでしまいます。どちらかと言えば論理的と言うよりも感性に訴え掛ける作品かもしれません。多少わかり辛い部分もありますが、テーマが直接的に表現されているので、難解な作品になる事だけは避けられています。

”あきらめないでっ!夢をっ!”

 このような台詞をなりふり構わずモモに言わせています。もうテーマは直球勝負です。あえて言うなら、これがミンキーモモの作風なのかもしれません。この台詞は孤児になった少女を通して全ての人達にメッセージを送っているのだと思います。

 現在のマリンナーサのモモは魔法が使えません。その代わりライオンが魔法を使って少女を助けます。これは現実で頑張っている人が挫けそうになった時には、手助けしなければならないと言う事を示唆しているのだと思います。

 作画は最高に綺麗でリアルです。そしてキャラクターが生きています。特にモモの表情が素晴らしいです。真剣な眼差しをするモモに、おもわず吸い込まれそうになりました。そして音楽も印象派クラシックとしても遜色の無いくらい素晴らしい出来です。音楽によって物語に緊張感が生まれ、最後には余韻さえも残ります。そしてEDの岡崎律子さん作曲の「Bon Voyage」は心に残る一曲です。 

 一応「旅立ちの駅」でのモモの状況を補足しておきますと、マリンナーサのモモ(カチューシャを付けている方です)は人間界のパパとママを病気で亡くしています。多分お供の3匹も居なくなったと思いますので、現時点で独りぼっちです。そして魔法も使えない状態です。フェナリナーサのモモ(カチューシャが無い方です)は、トラックに引かれて死んだのですが、生れ変って人間として生きています。人間なので現在は魔法を使えません。

|

« MINKYMOMO in 夢にかける橋 | トップページ | ちっちゃな雪使いシュガー#1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86933/4078218

この記事へのトラックバック一覧です: MINKYMOMO in 旅だちの駅:

» ミンキーモモ In 夢にかける橋 & 旅立ちの駅 [日々の記録 on fc2]
「アニメ批評空間(AnimeScape)」のさいたさんのお勧め作品ということで視聴しました。「夢にかける橋」と「旅立ちの駅」の2作品が収録された番外編(?)的なお話でした。ミンキーモモ... [続きを読む]

受信: 2006年5月31日 (水) 11:53

« MINKYMOMO in 夢にかける橋 | トップページ | ちっちゃな雪使いシュガー#1 »