« ちっちゃな雪使いシュガー#6 | トップページ | ちっちゃな雪使いシュガー#8 »

2005年4月28日 (木)

ちっちゃな雪使いシュガー#7

j_dvd03 ~心をつなぐメロディー~

 「ちっちゃな雪使いシュガー」のレビューは、DVDを見直しつつ書いているのですが、何回見てもこの回(#6含)は心に響きますね。本当に脚本のクオリティーが高いです。
 
 サガ側とシュガー側の、両方の誤解を解いていく過程が絶妙です。二人の仲を取り持つソルトとペッパーも適役だと思います。サガとシュガー共に自分の非を認めた後は、相手を想いやる行動をします。サガは怖い気持を抑えつつ暗い倉庫に入ってシュガーを探します。そのサガがバジルとシナモンに攻撃されたところを、シュガーは危険を顧みずに助けます。お互いの相手を想う気持が言葉ではなくてエピソードで表現されているから良いのです。サガとシュガーの優しい心が伝わったと思います。

 サガのお母さんが亡くなっていた事を、シュガーの目を通して視聴者に伝えたのも上手いです。ここで初めてシュガーと視聴者は、楽譜がどれだけ大切な物だったのかを知るのです。だから視聴者はシュガーと一緒になって泣けるのです。今回の脚本家のやまだやすのりさん、前回の脚本家の水上清資さんに最優秀脚本賞を差し上げたいですね。

|

« ちっちゃな雪使いシュガー#6 | トップページ | ちっちゃな雪使いシュガー#8 »

コメント

お互い喧嘩あいた後に仲直りしようとサガとシュガーの想う心は見てて心に響きますね。お母さん、そして楽譜がどれだけ大事かってことが伝わっていいですね。シュガーはぐれなくてよかったですw微妙にあのぐれてた時もなかなかよかったですけどw。

投稿: TMdestiny | 2005年11月20日 (日) 00:38

TMdestiny様

確かにシュガーのぐれ方は可愛かったですね。無理してぐれようとしている感じがなんとも言えません。ぐれながらもバジルとシナモンがサガの悪口を言うと怒るんですよね。そこがまたシュガーらしいと言うか・・・(笑

投稿: さいた | 2005年11月20日 (日) 23:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86933/3899653

この記事へのトラックバック一覧です: ちっちゃな雪使いシュガー#7:

» ちっちゃな雪使いシュガー #7 [日々の記録]
第7話は、シュガーとサガが仲直りするお話でした。 サガのところから家出して、バ [続きを読む]

受信: 2005年4月29日 (金) 10:00

« ちっちゃな雪使いシュガー#6 | トップページ | ちっちゃな雪使いシュガー#8 »