« ちっちゃな雪使いシュガー#2 | トップページ | ちっちゃな雪使いシュガー#4 »

2005年4月20日 (水)

ちっちゃな雪使いシュガー#3

~きらきら、ほかほか、ふわふわ~

 1話、2話に続き、作画のクオリティーはかなり高いです。背景とキャラクターが違和感なく画面に収まってるのです。これは画面全体に統一感があると言うことです。テレビアニメとして考えれば文句無しと言ったところでしょう。

 服装に関してですが、シュガーは雪使いなので白、ソルトは太陽使いなので赤、ペッパーは風使いなので緑、ジンジャーは雨使いなので青と、イメージを色分けしています。たぶん設定の段階で色を一番最初に決めたのでしょうね。こう言った子供にもイメージしやすい色分けは、この手の作品にとって大切なことだと思います。

 今回はキラメキを探すだけの単純な話です。単純だけにキャラクターの行動が誰にでも簡単に理解できます。全てのキャラが自然に動いているのは観ていて気持が良いものです。物語の核はシュガーのピンチにサガが助けに来ると言う部分です。サガにとってのシュガーの存在は、前回とさほど変わりませんが、シュガーにとってのサガの親密度は少し上がりました。脚本家は徐々に二人の関係を構築しているのです。

 それ以外の部分はギャグのオンパレードになってます。このギャグが好みに合わない人は観ていて辛いかもしれません。個人的にはこの手のギャグが好きなので好感触です。特に烏に追いかけられたシュガーが、空中で忍び足をするシーンは傑作です。空を飛べるシュガーが空中で忍び足をするから面白いのです。

 この話からは、サガの視点だけではなく、シュガーの視点も加わりました。これまでにサガの目を通してシュガーのキャラクターを描いた結果、シュガーが謎のキャラクターではなくなったからこそ出来る構成なのです。

|

« ちっちゃな雪使いシュガー#2 | トップページ | ちっちゃな雪使いシュガー#4 »

コメント

徐々に信頼感が築いていくのがいいですね。私はああいった世界観は好きなのでああいうギャグも微笑ましいですw。サガもシュガーも成長していくので視点が変わっていいですね。

投稿: TMdestiny | 2005年11月19日 (土) 00:45

TMdestiny様

僕も”シュガー”のギャグは大好きです。ギャグonlyで構成された話があっても良いくらいだと思ってます。きっとキャラクターが生き生きしてるからギャグも面白いんでしょうね。

信頼関係を築いてゆく物語は良いですね。ギスギスした世の中、信頼をテーマにした作品は貴重です。ぜひ大勢の子供達にも見て欲しいですね。

投稿: さいた | 2005年11月19日 (土) 01:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86933/3774723

この記事へのトラックバック一覧です: ちっちゃな雪使いシュガー#3:

» ちっちゃな雪使いシュガー #3 [日々の記録]
第3話は、シュガーが他の季節使い(ソルト&ペッパー)ときらめき探しをするお話でし [続きを読む]

受信: 2005年4月24日 (日) 00:10

« ちっちゃな雪使いシュガー#2 | トップページ | ちっちゃな雪使いシュガー#4 »