« ちっちゃな雪使いシュガー#8 | トップページ | ちっちゃな雪使いシュガー#10 »

2005年4月29日 (金)

ちっちゃな雪使いシュガー#9

~クマのピアニスト~

 Aパートのコーヒーショップの作画はイマイチでしたが、Bパートではうって変わってキャラクターの作画が活き活きと描かれていました。劇場のシーンは雰囲気が伝わる良い作画だと思います。

 サガがアルバイトしているコーヒーショップに、ヴィンセントが訪れるシーンですが、ここでのヴィンセントは、注文が遅かったり、目でサガを追ったりと、不可思議な行動をします。DVDを購入したりテレビ録画しているコアなファンにとっては、ヴィンセントの行動の意味が理解できる可能性もありますが、テレビなどで一回しか観てない人にとっては、意味不明だったに違いありません。実はこのシーンは、”特別編”を観ないと解らない仕様になっているのです。良し悪しは別として、この演出は諸刃の剣ではないでしょうか。(尚、”特別編”は地上波では放送してません)

 ここからはグレタの話をします。グレタは皆の仲間に入りたいけど、優越感を誇示したいが為に、どうしても素直になれない子です。グレタが自分を誇示するシーンでは、必ず専用バックミュージックが流れます。今回はグレタの曲が鳴ったと思ったら、サガに無視されて曲が止まりました。これはグレタの内面をギャグで表現しているのです。これを演出した人はギャグの天才だと思います。最終的にグレタは「ちっちゃな雪使いシュガー」にとって、なくてはならないキャラクターになります。本当に愛すべき魅力的なキャラクターですね。

|

« ちっちゃな雪使いシュガー#8 | トップページ | ちっちゃな雪使いシュガー#10 »

コメント

ヴィンセントの謎な行動の答えは、特別編にあったんですね。レンタルショップで見かけたのですが、何だかわからなくて不思議に思っていたのですが、そういう仕掛けがあったんですね。

次回レンタルに行ったときには、特別編も一緒に借りてこようと思います。(^^)

投稿: 横溝ルパン | 2005年4月30日 (土) 02:25

レンタル店に特別編も置いてあるんですか。アニメが充実していそうなお店ですね。

特別編は「本編に登場する全てのキャラクターを出そう」と言うコンセプトで創られたそうです。本編では語られなかった季節使いのちょっとした秘密のエピソードが良かったですよ。

投稿: さいた | 2005年4月30日 (土) 12:06

特別編とかそういった繋がりを覚えてないのでもう1度確かめてみたいですね。グレタのBGMも雰囲気あっていいですよねw。

投稿: TMdestiny | 2005年11月23日 (水) 23:13

TMdestiny様

音楽がキーワードの作品なのでBGMも丁寧に創ってますよね。特にグレタのBGMはギャグとしても楽しめますね。

投稿: さいた | 2005年11月25日 (金) 08:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86933/3908953

この記事へのトラックバック一覧です: ちっちゃな雪使いシュガー#9:

« ちっちゃな雪使いシュガー#8 | トップページ | ちっちゃな雪使いシュガー#10 »