« ちっちゃな雪使いシュガー#9 | トップページ | ちっちゃな雪使いシュガー#11 »

2005年5月 1日 (日)

ちっちゃな雪使いシュガー#10

j_dvd04~バックステージハプニング~

 「窮屈な味だね」の意味が、「思いついたことを言っちゃっただけ」では、ほとんどの人が納得できなかったと思います。そもそもサガと初対面のヴィンセントに、意味深な感じの台詞を言わせる事自体に無理があります。あえて言わせるとしたら、ヴィンセントがサガのピアノを聴いた後の方が良かったと思います。その方がサガの音楽の捉え方に対する比喩としても分かり易いと思うのです。

 コメディーパートは相変わらず良く出来ています。舞台裏を飛び回るシュガー達に、サガが振り回されるシーンはとても愉快です。この辺りの演出は手抜かりがないですね。

 そして最後のシュガーの台詞、「シュガー達のこと見えてたのかな?」は、次回への引きとしては上手いと思います。ヴィンセントを謎のキャラにする事により、視聴者はヴィンセントに興味を持ちますからね。

|

« ちっちゃな雪使いシュガー#9 | トップページ | ちっちゃな雪使いシュガー#11 »

コメント

窮屈な味ってどんな感じなんでしょうかねwサガが気になるのも仕方ないですね。ヴィンセントに季節使いが見えるのかどうかってのはそのとき気になってました。

投稿: TMdestiny | 2005年11月28日 (月) 02:45

TMdestiny 様

窮屈な味・・・は?
たぶん、サガの気持ちに余裕が無い事を暗示している言葉だとは思うのですが、その意図が上手く伝わらないんですよね。
ヴィンセントの秘密は・・・、特別編を観てからのお楽しみと言う感じですね。

投稿: さいた | 2005年11月28日 (月) 12:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86933/3936164

この記事へのトラックバック一覧です: ちっちゃな雪使いシュガー#10:

» ちっちゃな雪使いシュガー #10 [日々の記録]
前回に引き続き、クマのピアニストのお話でした。 サガは、ヴィンセントに言われた [続きを読む]

受信: 2005年5月 1日 (日) 20:33

« ちっちゃな雪使いシュガー#9 | トップページ | ちっちゃな雪使いシュガー#11 »