« ちっちゃな雪使いシュガー#16 | トップページ | ちっちゃな雪使いシュガー#18 »

2005年6月 8日 (水)

ちっちゃな雪使いシュガー#17

『シュガーを待ちながら』

 季節使いは楽器を弾く事によって天気を司ります。雪使いの楽器はピッコロ、風使いはハープ、太陽使いはトランペット、雹使いはシンバル、雷使いはドラム、雲使いはベース、雨使いはバイオリン、そして台風使いはホルンを使っています。

 それぞれの楽器が季節使い達の特徴を良く表していると思います。楽器で天気を表現しているなんて凄いですよね。今回初登場の台風使いのホルンなんて、低音と荒々しさで台風の怖さを表現するのに丁度良い楽器だと思いました。この季節使い達の音楽が「ちっちゃな雪使いシュガー」ならではの魅力のひとつですね。

 さて今回は、遠く離れていてもサガとシュガーの気持ちは通じ合っていると言う話でした。他愛の無い内容ですが、二人の親密度がとても表現できている良い話です。

|

« ちっちゃな雪使いシュガー#16 | トップページ | ちっちゃな雪使いシュガー#18 »

コメント

季節使いがそれぞれの楽器使って天気を操るって何か素敵です。その光景を想像するだけでも可愛らしいなって感じになります。シュガーは台風で帰るのが遅くなりサガはいつ帰ってきてもいいように窓を開けたままにして風邪ほひいてしまいお互い試練となったけれどこれを乗り越えてさらに絆は深まっていきそうですね。

投稿: TMdestiny | 2006年1月17日 (火) 23:05

TMdestiny 様

音楽をモチーフにした作品らしい話ですよね。そしてとても良くシュガーとサガの仲を現した話だと思います。二人の仲が最高潮に達したからこそ、今後の暗雲が立ち込めた展開が引き立ったんだと思います。

投稿: さいた | 2006年1月18日 (水) 18:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86933/4469583

この記事へのトラックバック一覧です: ちっちゃな雪使いシュガー#17:

» ちっちゃな雪使いシュガー #17 [日々の記録]
今回は、台風の影響でシュガーの旅行からの帰宅が遅れてしまうお話でした。 前回のお [続きを読む]

受信: 2005年6月 8日 (水) 20:13

« ちっちゃな雪使いシュガー#16 | トップページ | ちっちゃな雪使いシュガー#18 »