« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月の1件の記事

2006年2月24日 (金)

ローゼンメイデン・第1話

「薔薇乙女」

 一見、絵柄が可愛いのでオタク向けの作品に思われがちですが、この作品は至って普通の少年少女が楽しめるように創られています。放送当時の率直な感想は、「この作品はメジャー少年誌に掲載されている漫画みたいだ・・・」でした。変にマニアックな作りではなくて、至って普通にキャラを立て、普通にドラマを創っているところが、見る側の敷居を低くしているのだと思います。

 そして主人公がダメな少年だと言う設定が実に面白いです。いわゆるジュンの成長物語・・・、この成長と言うテーマが作品を通して脈々と流れ続けるので、物語の最終目的が誰の目にも明らかとなり、感情移入がし易い作品になったと思います。

 さて、久しぶりにDVDを観ながらレビューをしていますが、正直に言って、第二期のトロイメントよりも、こちらの方が遥かに面白いし、良く出来ていると思います。実はPEACH-PIT氏の原作を読みつつ、アニメを見直しているのですが、アニメ版は原作の良い部分を踏襲しつつ、エンターテイメント化させている感じがします。 実を言いますと、原作は少々読み辛い部分がありました。この系統の作品に親しんでない僕には、コマ割りとか演出が取っ付き辛かったのです。だから僕にとって、原作は磨かれてない原石だと感じるのです。その原石を、アニメならではの手法で光り輝くかのように磨き上げたのが、僕にとってのアニメ版ローゼンメイデンです。

 僕は初回を観た段階で、真紅と言うキャラクターに魅了されてしまいました。特にダメ人間のジュンを説教する彼女の姿は、何物にも代えがたいほど僕の目には魅力的に映ったのです。のりの淹れた紅茶の飲みながらジュンに説教をする場面では、バックミュージックが消えます。そしてシーンとした無音の中で真紅が粛々と語ります。そして真紅の台詞、「ジュン・・・想われているのね・・・」の時に、優しい音楽が聴こえてきます。この演出の素晴らしい事と言ったら、もう言葉にならない程です。これこそが漫画と言うジャンルでは出来ない、アニメならではの演出だと思います。

 初回での唯一の不満は、契約の場面で、「誓うなら、指輪にキスを・・・」と言う台詞を真紅が言わなかった事です。この台詞を真紅に言わせないと、ジュンが指輪にキスをすると言う行動に出た理由がわかりません。尚、原作の真紅は「誓うなら、指輪にキスを・・・」と言う台詞を喋っています。この場面だけはアニメも原作通りに描いた方が良かったと思います。

 余談ですが、原作でのジュンは、自分にはめられた指輪に契約のキスをします。この部分はアニメ版の演出(ジュンが真紅の指輪にキスをする)の方が絵的に映えると思います。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »