« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月の2件の記事

2006年5月23日 (火)

トイ・ストーリー&トイ・ストーリー2 スペシャル・エディション

■【DVD】「トイ・ストーリー&トイ・ストーリー2 スペシャル・エディション」

   
2005/11/23発売 VWDS-5130
1:英語(ドルビーデジタル/6.1chサラウンドEX)
2:日本語(ドルビーデジタル/6.1chサラウンドEX)

■初めに・・・

 すでに「トイ・ストーリー1&2」の通常バージョンのDVDは持っていますが、さらに美しくなった映像と新収録の6.1chサラウンドEXのスペシャル・エディションが発売されたと聞いて、トイ・ストーリーファンとして居た堪れなくなり購入してしまいました。スペシャル・エディションは喉から手が出るほど欲しいけど、通常バージョンを持っているので踏ん切りがつかないと思っている方は、ぜひ以下のレビューを参考にしてみて下さい。

■通常のバージョンとスペシャル・エディションの違いは?

 まずはスペシャル・エディションの映像ですが、鮮度が上がり色の深みも増しました。それによって立体感が強調され、通常バージョンにあったぼやけた感じは一切無くなりました。そしてトイ・ストーリー2では、画面比率が4:3から16:9になり、トリミングされていた部分が表示されるようになりました。劇場と同じ画面比率でDVDが見られるようになった事はファンとしては嬉しい限りです。

 次は音声についてですが、スペシャル・エディションでは6.1chになると共に、全体的なサラウンドバランスも若干修正されています。それにより音の移動もスムーズに聴こえるようになりました。そして一番大きい変更点は音質が明瞭になった事です。例えるとドルビーデジタルがDTSになったような感じです。そのクリアな音質によりダイアログ(台詞)が聴き取り易くなり、空間表現もリアルになりました。それとトイ・ストーリー1の通常バージョンでは、日本語がステレオで収録されていましたが、スペシャル・エディションでは6.1chサラウンドEXに変更されています。吹き替えで観る人には嬉しい変更です。

■機能面などの違いは?

【THXトレーラー】
 通常バージョンではTHXトレーラーが入っていましたが、スペシャル・エディションでは削られています。個人的にはトイ・ストーリー1のロボットのTHXトレーラーが好きでしたので残念でなりません。

【韓国語】
 通常バージョンでは韓国語が入っていましたが、スペシャル・エディションでは無くなり、その代わりにスタッフの音声解説が入っています。個人的には韓国語を選択する事はありませんので、音声解説の方が有り難いです。

【字幕】
 字幕が通常バージョンよりもサイズが大きくなって読み易くなっています。背景に溶け込まないように黒枠も工夫されています。

【音声切り替え】
 通常バージョンでは、一旦メニューに戻らないと音声切り替えが出来ませんでしたが、スペシャル・エディションでは視聴中でも自由に切り替える事が出来ます。

【物語中の日本語の文字】
 通常バージョンのトイ・ストーリー1では、日本語の音声を選ぶと一部の劇中文字が日本語で表示されますが、スペシャル・エディションのトイ・ストーリー1では、劇中文字は全て英語で表示されます。(バズのロケットの箱に書いてある文字など・・・) ただし冒頭のタイトルの「TOY・STORY」(英語表記)はメニューの音声で日本語を選べば「トイ・ストーリー」(日本語表記)に変更されます。
 尚、トイ・ストーリー2では、メニュー画面で音声を変更すれば通常バージョンと同様に劇中文字が切り替わります。ただし鑑賞中にリモコン等で音声切り替えをした場合は変更されませんので注意が必要です。

【エンディングの変更】
 スペシャル・エディションのトイ・ストーリー2はエンディングがNG集ではなく、ウッディのラウンドアップの曲に変更されています。それに伴いNG集は特典ディスクに移動されました。尚、NG集の音声は日本語のみで、英語はありません。

■稀有な特典(ミュージック&サウンド・エフェクト)があります!

 音声切り替えにより、物語をエフェクト(効果音)のみの音声で観る事が出来ます。ダイアログ(台詞)とミュージック(音楽)を抜かした効果音だけで作品を観る事が出来ると言う事です。このモードを聴いて驚いたのは、通常では聴き取り難い効果音が沢山あった事です。エフェクトとはどんな物なのかを知る上で、とても貴重なモードです。

■最後に・・・

 スペシャル・エディションはピクサーのサービス精神が詰まった魅力満載のDVDです。トイ・ストーリーファンでしたら、購入しても絶対に損はしないと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月 2日 (火)

Cat Girl_Moon

Color_catgirl

*Please click. It becomes a big image.
(絵をクリックすると大きな画像になります。)

 画材はサクラマット水彩です。いわゆる子供が使うような普通の絵の具ですが、そうそう馬鹿にしたものではなく、素朴感を表現するには持って来いの画材だったりします。それに値段が安いところも魅力的です(笑

Color_catgirl_moon

*Please click. It becomes a big image.
(クリックすると大きな画像になります。)

 スケッチブックより抜粋。このイラストはカラーインク(Dr.Ph.Martin's)で描きました。カラーインクはサクラ絵の具と違って透明度があります。どちらかと言うと、繊細な絵を描いている人向けな画材ですね。

| | コメント (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »