« ワン・マン・バンド | トップページ | ヴィナ・クリシュナ »

2006年11月27日 (月)

少女っ子★制作ノート

00  Otomecco_top001

 このカテゴリーでは、”ケータイ★まんが王国”で配信される「少女っ子」を中心とした作品の制作過程を綴ってゆきたいと思います。*)「少女っ子」と書いて「おとめっこ」と読みます。

 只今オリジナル漫画のプレゼンテーションをしている最中です。メインキャラクターであるヴィナ(赤い髪の女の子)は、インドから日本に来た留学生(小学生)です。しかしこれだけではキャラクターが立ったとは言えません。インドから来た留学生と言う設定だけではヴィナ個人の思想や価値観を作った事にはならないからです。

 そこで僕はインド人の価値観や生活様式を色々と調べました。そしてインド人の価値観をヴィナに当て嵌めて、ようやくキャラクターとして動かす事ができました。

 例え小学生でも十数年生きた歴史があります。その歴史を考えてやる事が、キャラクターを創る事なのだと改めて思いました。
001

_01
_02


|

« ワン・マン・バンド | トップページ | ヴィナ・クリシュナ »

コメント

こんにちは。mokyuxtuです。
ご無沙汰しています。

何の気なしに読んでいる漫画ですが、作る方の立場からすれば相当に苦労されているようですね。

>主人公の女の子の設定は、インドから日本に来た留学生(小学生)です。
日本人ならばある程度の価値観や行動は作れるのでしょうが、外国人となると難しいでしょうね。
ダニエル・カールならともかく。

僕が持っているインドに対するイメージは「カースト制度」「貧富の差が大きい」「核」「数学」「死体がそこら辺に転がっている」等々。
そんな国の少女は一体、どんな価値観を持っているのでしょう?正直、想像つきません。
そしてそんな少女が日本に来るとなると、一体どんな騒動が起こるでしょう?
道端に死体が転がっていなくて驚くかもしれないし、学校で例えば上級生下級生の関係を見てカースト制度を思い起こすかもしれませんね。
違う文化圏のキャラクターが居ると話を作るのが楽しくなるでしょうね。

それでは。

投稿: mokyuxtu | 2006年12月 2日 (土) 13:40

mokyuxtu様

コメントをありがとうございます。

>作る方の立場からすれば相当に苦労されている

キャラクターを創る事が一番の苦労ですね。キャラクターさえ出来ちゃえば、その後はそのキャラを動かすだけなので、だいぶ楽になります。キャラを創った後は、まるで同人誌でパロディ漫画を描くような感覚です。描くジャンルが4コマ漫画形式なので、そんな感覚になれるのかもしれませんけどね…。

>そんな国の少女は一体、どんな価値観

インターネットでインドの記事を5時間くらい読みましたが、まだまだインドについては知らない事ばかりなので、暇を見てインドの事を調べたいと思います。尚、現在はプチインド通になりました(笑

投稿: さいた | 2006年12月 4日 (月) 08:30

この記事へのコメントは終了しました。

« ワン・マン・バンド | トップページ | ヴィナ・クリシュナ »