« インドの公用語 | トップページ | 「少女っ子」第2話入稿 »

2007年6月11日 (月)

魔法の人形ピンクル

「ぴんくる&ぽにぽに」
Pinkle_001
 魔法少女物を描こうとした時に考えたキャラクターです。女の子の名前はピンクル。魔法使いです。

 実はキャラクターデザインを考えてからストーリーを組んだのですが、脚本を書いている内に”魔法を使う人間の女の子”から”魔法を使う人形の女の子”に設定が替わってしまいました。なので漫画を描く時は3頭身に修正します。その際のキャラクターデザインのイメージは「ちっちゃな雪使いシュガー」の季節使いと言ったところでしょうか。

 短編としての脚本は完成してますので、「少女っ子」の連載が終わったら、是非ともこの作品を描きいてみたいです。それが3年後になるのか4年後になるのかはわかりませんが…。

|

« インドの公用語 | トップページ | 「少女っ子」第2話入稿 »

コメント

こんばんは。mokyuxtuです。

>…と言うのも、世間には良い魔法少女物も沢山ありますが、それとは別に、簡単に魔法で事件を解決してしまう作品も結構見かけるので、「僕だったらそんな安易な魔法は使わせないぞ!」と言う思いがあるんです。

同感です。
どこぞの双子のお姫様は、何でも魔法で問題を解決しまくっていたので個人的には不満を感じていました。
問題を魔法で安直に解決するのは、個人的には許容できません。
問題にブチ当たっている当人が頑張って頑張って頑張りぬいた末に、お手伝い程度の魔法のサポートがあれば良いと思います。

さいたさんには安直に魔法を使わない作品を描いて欲しいです。

投稿: mokyuxtu | 2007年6月13日 (水) 22:05

何でも簡単に魔法で問題が解決してしまう物語は最悪ですね。やっぱり魔法を使うからには代価が必要だと思います。それが努力でも命懸けでも働いて貯めた賃金でも何でも良いのです。それが魔法を使う上での最低限のルールだと僕は思いますけどね。

投稿: さいた | 2007年6月14日 (木) 23:20

シュガーですかwwwwwww。たまにはシュガーのことを思い出してと天の声が聞こえてきたりしますw。
帽子のマスコットみたいなのもいいですねw。

投稿: TMstation | 2007年6月16日 (土) 03:18

TMstationさんへ

そう言えば、TMstationさんの記事(シュガーの#)を読んだ時に、僕もシュガーの感想の話数だけには”#”を付けたのを思い出しました。ワッホーの焼け跡の数で話数を表現するなんてお洒落ですよね!

マスコットを褒めて頂き有り難うございます。でもこのマスコットは本編には出て来ないんですけどね…(汗

投稿: さいた | 2007年6月16日 (土) 05:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インドの公用語 | トップページ | 「少女っ子」第2話入稿 »