« バスタブの色塗り | トップページ | アキバちゃん »

2007年6月26日 (火)

世界観を大切に

Otome003

 ケータイ☆まんが王国の営業の方に、「少女っ子の世界観は大切にして下さい」と言われています。

 漫画の中に、読者のニーズに合わせた作品と、作者の感性に忠実な作品があるとすれば、営業の方が僕に求めているのは後者だと言う事になります。これは僕にとっても有り難い話です。表現者としての場を貰えたと言う事ですから…。

 しかし読者のニーズを疎かにすると、独り善がりでマイナーな作品になる可能性もあります。できることならばこの様な事になるのだけは避けたいと思っています。しかし読者に対して迎合し過ぎると、個性に欠けた無感性な作品になる危険性もあります。

 とどのつまり、その二つを両天秤にかけて作品創りをしている訳ですが、僕の場合は日頃からメジャーな作品を好む傾向があるので、さほど無理をしなくても独り善がりのマイナーな作品にはならないと思っています。それと企業物を描いていた経緯もあって、相手(クライアント)の喜ぶような作品を描く習性が身に付いている事も有利に働くとも思っています。

 …とは言っても、人気が出るのかどうかまでは配信してみない事には解らないので不安です。ですが今の僕ができる事は、自分の感性を信じて描く事だけです。携帯の読者に受けいられる事を祈りながら…。

(「少女っ子」は携帯で漫画が読める「ケータイ☆まんが王国」で配信が予定されている作品です)

|

« バスタブの色塗り | トップページ | アキバちゃん »

コメント

自分のやりたい方向でいくか人から言われた方向でいくかによってもだいぶ視点が変わってきますね…。
でも、自分の視点でやってそれがみんなに伝わってけばいいですよねw。

投稿: TMstation | 2007年6月26日 (火) 23:57

TMstation さんへ

自分が好きな事を描いて、それが皆に認められ、しかも仕事として成り立てば、この上ない幸せですよね。正しくそれが天職ぅ~、なんでしょうね!TMstationさんも天職を目指して頑張って下さいね!僕も頑張りますから!

投稿: さいた | 2007年6月27日 (水) 00:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バスタブの色塗り | トップページ | アキバちゃん »