« 幸せな気持ち | トップページ | アニメイト川崎店 »

2007年8月 2日 (木)

七色いんこ

 「七色いんこ」とは演劇を舞台にした手塚治虫先生の漫画です。僕はこの作品が大好きです。その中でも特に印象深かったシーンがあります。それは役者の七色いんこが舞台で拍手喝采された後に、舞台裏で師匠であるトミーに説教をされるシーンです。(以下、「七色いんこ/終幕」より抜粋。)

トミー 「バカッ!!あれがうけただと?とんでもない!!」

いんこ 「だって拍手かっさいだよ」

トミー 「拍手はネコの芸にだってあるんだ!!ほんとにお客が喜んだら 思わずワーッと歓声があがってブラボーってくるんだ」

 この場面を読んだ僕は目から鱗が落ちました。それからは「漫画でも同じ事が言えるんだ!」と思うようになりました。

 例えば、「上手いですね、頑張って下さいね、面白かったです。」と言う感想はどうでしょうか?少なくとも僕のとってのブラボーではありません。ネコの芸と一緒です。本当に感動した作品ならば、もっと心の奥底から発せられた感想になるはずだからです。

 そして感動した人は次の作品も購入してくれるでしょう。僕にとってはお金を出してまでも読みたくなる作品もブラボーです。

 まだまだ僕は未熟者なのでブラボーな作品が描けるかどうかは解りません。でも目標はブラボーです。現状で満足はしません、ブラボー目指して頑張ります!

 今後とも宜しくお願いします。

|

« 幸せな気持ち | トップページ | アニメイト川崎店 »

コメント

こんばんは。いつもお世話になります。

私も「七色いんこ」は好きな作品の1つです。(^^)
チャンピオン・コミック版は、お話の最初にモチーフとなっているお芝居の解説があって、それを読むのも楽しみでした。

この作品に出会ったことがきっかけで、シェイクスピアの「ハムレット」やテネシー・ウィリアムズの戯曲に興味を持つようになりました。

数あるお話の中で一番記憶に残っているのは、「電話」です。七色いんこの元へお金持ちのお嬢様が弟子入りさせてくれと押しかけてくるお話ですが、その娘の家に入り込んで泥棒をしようとした七色いんこが、娘の演技力の素晴らしさに愕然とする場面が忘れられません。

チェーホフの「桜の園」を、その娘さんが朗読するのですが、どんな読み方をしたらそんなに人の心を打つのか気になって、その場面だけを何度も読み返したことを思い出しました。

読者の立場からすると、ブラボーと叫びたくなるような作品と出会えることを常に願ってます。私の場合、それは作品の中のワンシーンが気に入って、何度読み返しても手放せない作品がブラボーな作品ですね。
そういう作品は、本当にわずかなのですが、さいたさんの作品がその中の1つになってくれるとうれしいです。(^^)

何だか思いっきりプレッシャーをかけてしまった気がしますが^^;、読者としてはやはり一生付き合っていけるような作品との出会いを期待しています。

投稿: 横溝ルパン | 2007年8月 2日 (木) 19:41

横溝ルパンさんへ

コメントをありがとうございます。

ルパンさんも「七色いんこ」をお読みになってたんですね。ルパンさんのコメントを拝見した後に、改めて「電話」を読み直しました。すると娘の芝居を見たいんこが「ブラボー」と叫んでいるシーンを発見!ブラボーの伏線がこんなところにまで張られていたのには驚かされました。

>読者の立場からすると、ブラボーと叫びたくなる
>ような作品と出会えることを常に願ってます。

僕もアニメの感想を書いている時は完全なる視聴者でしたので、その気持ちは良く解ります。読者は製作者サイドの苦労なんて関係ないんですよね。出来上がったものがブラボーかブラボーじゃないかが全てなんですよね。その事を僕も含めた製作者サイドは肝に銘じるべきですね。

>思いっきりプレッシャーをかけてしまった

いえいえ、そのプレッシャーに負けずにブラボーな作品を描いてみせますよー!それが今までに感動を与えくれた作品への恩返しにもなりますから!

それと夢を持ち続ければいつかは叶えられると言うことを実践したいんです。才能がない僕でも何とかなるのなら、ルパンさんの社会復帰だって希望を持ち続ければ何とかなると思いますから。その根拠を示すためにも、絶対にルパンさんにブラボーと言って貰えるような作品に仕上げますよ!うん!

投稿: さいた | 2007年8月 3日 (金) 03:24

こんにちは。いつもお世話になります。

>夢を持ち続ければいつかは叶えられると言うことを実践したい
私の社会復帰のことまで考えていただいて、本当にありがとうございます。(/_;)
このところ病気の状態が停滞していて、もうずっとこのままの状態が続くんじゃないかと弱気になっていたのですが、ブラボーを目指して頑張り続けるさいたさんを知って、とても勇気づけられました。

夢の実現に向けて応援することしかできませんが、私も壊れた夢に変わって新たな夢を見つけだせるようがんばりたいと思います。
何だかとっても元気をもらえました。ありがとうございました。(^^)

投稿: 横溝ルパン | 2007年8月 3日 (金) 11:48

横溝ルパンさんへ

またまたコメントをありがとうございます。
僕も常に体調は良くないのですが、ルパンさんの症状と比べれば比較的軽くて、無理をしなければ仕事くらいはできる状態です。

そんな僕が言うのは差し出がましいのですが、苦しくても諦めなければ、いつかは希望の女神さまが救ってくれると思うんです。反対に諦めてしまったら全てが終わりなんですよね。…かと言って無理は禁物なので、ゆるりゆるりと、でも心は前向きにって感じが一番良いのかもしれませんね。

それと応援をして下さってありがとうございます。益々「頑張ってブラボーな作品を描かなくっちゃ!」って思いました。

投稿: さいた | 2007年8月 3日 (金) 18:05

こんにちは。いつもお世話になります。

プロフ欄、拝見しました。私は全く気にしてないですよ。逆にコメントの言葉1つにまで細かな心配りをされているんだと感激しました。(^^)

と、これだけで終わるのも何ですので、七色いんこに関連した話題を。
私はこれまでチャンピオン・コミック版の七色いんこしか読んだことがなかったのですが、先日文庫版を読んだら知らない話が収録されていて驚きました。
連載された全てのお話が単行本になっているわけではないと知っていましたが、まさか文庫版で内容が追加されているとは思いませんでした。

投稿: 横溝ルパン | 2007年8月 4日 (土) 13:54

横溝ルパンさんへ

色々とご迷惑をお掛けしました。頭の中で考えた事をちゃんと伝えるのって難しいです。

僕も「七色いんこ」はチャンピオンコミックスしか読んだ事がなかったので、文庫本にチャンピオンコミックス以外の話が載せられているなんて知りませんでした。ぜひ手塚治虫ファンとしては読んでみたい1作ですね。

そう言えば、「ブラックジャック」もチャンピオンコミックスに載せられてない話が、文庫本とか全集に載せられているらしいですね。「チャンピオンコミックス、しっかりして!!」って思っちゃいますね。(笑

投稿: さいた | 2007年8月 4日 (土) 15:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 幸せな気持ち | トップページ | アニメイト川崎店 »