« 正社員募集 | トップページ | デ・ジ・キャラットのCD »

2007年8月14日 (火)

アルプスの少女ハイジ

Heidi_main

 GyaOで配信されている「アルプスの少女ハイジ」を観ています。このアニメは30年以上前の作品ですが、今観ても決して古臭さは感じません。それどころか、現在のアニメよりも優れているところがいっぱいあります。脚本は勿論の事、宮崎駿の画面構成、高畑勲の演出、リアリティーのある背景、美しい音楽、キャラクターの魅力、どれをとっても文句無しの出来栄えなのです。

 僕自身、初めて「アルプスの少女ハイジ」を観た時も、面白くて毎回のように感動していた思い出があります。あまりに面白かったので「劇場版アルプスの少女ハイジ」と言うレコードを買ったりもしました。当時はビデオが無かったので、もう一度ハイジを観たいと思った時は、音声のみのレコードを買うしか方法が無かったのです。しかし、その「劇場版」は「テレビ版」の声優とは違っていました。なけなしの小遣いを叩いて買った少年の僕はもうガッカリです。

 後は挿入歌のLPレコードも買いました。「アルプスの少女ハイジ」は楽曲が良いのでレコード盤が擦り切れるほど何回も聴きました。今でも子山羊のゆきちゃんの音楽が掛かると、「真~白~な子山羊~、なまえ~はゆき~」と、ついつい口ずさんでしまいます。

 そんな思い出のある作品ですが、大人になった今観ても文句なく面白い作品なので、今度はDVDを揃えたくなっちゃいました。僕はアニメを観てDVDを欲しくなる作品の数は然程多くは無いのですが、流石にこれだけ完成度が高いと買っても損はないと思ったのです。でもちょっとお値段が張るので、もう少しお金持ちにならないと買えませんけどね(笑

【追記】
 バンダイチャンネルの「アルプスの少女ハイジ」を最終話まで観終えました。この作品は本当に人物の心の中を描くのが上手です。特に立ちたいと思うクララの心境の変化が見事に描かれていたのには唸らされました。

 まずは走るハイジやペーターの姿を見て羨ましがる。次に大人に支えられているだけの存在にはなりたくないと思う心の重荷。そして牛の一件で立てることがわかって希望を持つ、と言う流れが御見事です。人の心の変化を描くということは、このような事だと思いました。

|

« 正社員募集 | トップページ | デ・ジ・キャラットのCD »

コメント

いい作品ですよね。これもフランダースも・・・
宮崎監督も関わってたんでしたっけ。
ただ、今はDVD→ブルーレイとかHD-DVDへの過渡期なので
ちょっと買うのためらっちゃいますね。
(もちろんDVD-BOXの値段が張ることもありますけど)

投稿: もち | 2007年8月25日 (土) 21:57

もちさんへ

フランダースも名作ですよね。世界名作劇場(カルピス劇場)は面白い作品が目白押しでしたね。その中でも僕はハイジとペリーヌがとても好きでした。今はコゼットを観てます。

次世代機は欲しいけど、現状ではソフト会社の奪い合いでどちらが主導権を握るのかが解らないのが困りどころです。なので今のところは現行のDVDで良いかなって思ってます。それに次世代機を買うとすると、HDMI対応AVアンプとテレビも欲しくなるので金銭的にも辛いです(笑

投稿: さいた | 2007年8月27日 (月) 13:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 正社員募集 | トップページ | デ・ジ・キャラットのCD »