« 日常 | トップページ | 各馬一斉にスタート! »

2007年10月11日 (木)

チャウ・シンチー

久しぶりにチャウ・シンチー監督・主演の
「少林サッカー」と「カンフーハッスル」を観ました。

僕はこの2作品が大好きです。
DVD発売当時は繰り返し何回も観ました。
僕にとっては何回観ても泣ける作品です。

「少林サッカー」も「カンフーハッスル」も単純な物語です。
単純だけど人の心を打つ物語です。
社会の底辺で生きている人達が、
身を削って試練を乗り越えた末に、
成功するところが僕の心を打つのです。

実は僕もこのような物語を描きたいと思っています。
…とは言っても、僕はアクション漫画家ではありません。
だから挌闘シーンなどは逆立ちしても描けません。

僕が描きたいのはアクションではなく、
人と人の繋がり、人を想う心、
「少林サッカー」で言うところの、
チャウ・シンチーと兄弟子やヒロインの関係、

また「カンフーハッスル」で言うところの、
純粋な少年の心を忘れない、
…と言うテーマ性なのです。

大切なものは、人と人との繋がり、
そして作者の訴え掛けたいテーマ。

このような物語創りを僕はしたいと思っています。

|

« 日常 | トップページ | 各馬一斉にスタート! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日常 | トップページ | 各馬一斉にスタート! »