« アイシュとミーナ(2 | トップページ | 汽車の上でダンス »

2007年10月30日 (火)

ヒンディー語

 「少女っ子」を描き始めた頃は、転校して来る外国人の女の子の国籍を同じアジア圏の中国にするか、日本と友好関係があるトルコにするか、はたまた他の国籍にするか決め兼ねていました。悩みに悩んだ末にインドに決めた訳ですが、それはそれで理由があったりします。

 その一つに、僕の町に大勢のインド人が住んでいる事が掲げられます。とにかく凄いのです。僕が買い物に出ると、ほぼ確実にすれ違うくらい大勢のインド人が居るのです。友達が住んでいるマンションにも大勢のインド人が住んでいて、その中のインド人親子に挨拶をした事もあります。そんな経緯もあって僕はインド人に親しみを感じていたのです。

 さて、ここからは作品についてですが、日本に転校したばかりのヴィナはヒンディー語しか話せません。なので実際に口から出る台詞はヒンディー語のみになります。…と言う事は、作者の僕自身もヒンディー語を勉強しなければなりません。勉強と言っても漫画の中に出てくる単語や台詞を調べるだけの簡単なものです。

 まずは「ナマステ」とか「ダンニャワード」と言った基本的なことから初めました。「ナマステ」はインドの挨拶で「おはよう こんにちは さようなら」と言った意味です。「ダンニャワード」は「ありがとう」と言った意味になります。

 こんな感じで調べていくうちに、「あれ?なんかカタカナじゃ雰囲気が出ないぞ!」と思い、デーヴァナーガリー文字も調べることにしました。多少なりとも作中にデーヴァナーガリー文字があった方が、異文化圏からやって来た女の子の雰囲気が出せると思ったからです。

「namaste (こんにちは)」
Namaste

「d'anyavaada (ありがとう)」
Danyavaada

「aulaada laRakii (少女っ子)」
Aulaadalarakii

「veNaak^$Na (ヴィナ クリシュナ)」
Venaakna

 こんな感じで、ヴィナが日本にやって来る「ヴィナ編」では、ヴィナはいくつかのデーヴァナーガリー文字でヒンディー語を喋ります。

|

« アイシュとミーナ(2 | トップページ | 汽車の上でダンス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アイシュとミーナ(2 | トップページ | 汽車の上でダンス »