« 汽車の上でダンス | トップページ | インド編のネーム »

2007年11月 2日 (金)

第1コーナーを回って・・・

序盤を終えて…。

【本命】逆境無頼カイジ
【対抗】げんしけん2
【穴馬】CLANNAD ↑/もやしもん
【連下】脳噛ネウロ
【疾走】BLUE DROP↓/キミキス↓/Myself;Yourself

「CLANNAD -クラナド-(第5話)」 について。
 放送開始直後は幼稚なヒロイン像が目に付いて好きになれなかった作品ですが、ここに来て急浮上!伊吹姉妹のお互いを想う気持ちに心を奪われてしまいました。姉妹の絆と言うテーマ性が僕にとっては心地良いのです。そして事故に遭った所為で高校に通う事が出来なかった風子が、皆の力によって授業が受けられたと言う展開も泣けます。キャラクターの言動には理解できない面も多々ありますが、それよりもテーマ性が如何に大切なものかを教えてくれる作品です。

【追記】
 風子の彫ったヒトデを3年生が受け取らなかった場面は、風子の苦労が泡になる可能性があると言う事と、本来なら風子も受験生だったと言う悲しみの両面が表現されています。この場面があるからこそ、後の仮想授業が感動的に映るのです。なかなか上手い伏線ですね。

|

« 汽車の上でダンス | トップページ | インド編のネーム »

コメント

自分はCLANNAD、みなみけの2強は変わらないですねw。

先週の5話はちゃんと見てなかったですけど切なかったですね…。

投稿: TMstation | 2007年11月14日 (水) 17:27

TMstation さんへ

僕の2強は、カイジ、げんしけんですね。
多分この2強は今後も揺るがないかも・・・。

CLANNADは風子の仕草が可愛いですね。
風子は元気になるのかなぁ・・・?

投稿: さいた | 2007年11月16日 (金) 12:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 汽車の上でダンス | トップページ | インド編のネーム »