« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月の8件の記事

2008年2月28日 (木)

はてなようせい

Hatena_01_4

 ニコ動で大人気?の魔法少女はてなようせいを見た瞬間、「えっちなはてなようせいを描くのだ~」と言う天からの啓示が降りた?ような気がして、ついつい洋服を脱いだはてなようせいを描いてしまいました~っ?

Please click. happy01

 Otaku Link

続きを読む "はてなようせい"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

透明色のあいつUP!

Toumei000

 このイラストは、の僕が考えたキャラクターを、の僕が描き直したものです。

「じゃあ昔の絵はどんな感じだったのか?」

↓ こんな感じです。

Toumei023

全く別ものですね(笑

…と言うことで、その昔の漫画「透明色のあいつ」をUPしました~!!

Toumei23_2
『透明色のあいつ』heart01

(上のタイトル↑を<クリック>すると読めます)

| | コメント (2)

2008年2月23日 (土)

ミンキーモモ

Momo_04

えっと、わかる人はわかると思いますが、この絵のモモはカチューシャが星型なので初代のモモです。やっぱりモモは可愛いですね。もしかしてロリアニメの原点?

続きを読む "ミンキーモモ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

ねこみみモード

Otome024

「にゃんか御用ですか?ご主人様~heart01

猫耳と言えば、需要は少ないなりにも確立されたジャンルですね。何故でしょうね?可愛いからかな?

ちなみに今日2月22日は「猫の日」です。cat

続きを読む "ねこみみモード"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

更紗の水着姿

Otome020

更紗の水着姿ですheart04

本編ではこのようなセパレートタイプの水着を更紗は着ないかな…。基本的にワンピース型を好む女の子ですから。

| | コメント (0)

2008年2月 3日 (日)

阪下蓮華

Otome014

 八丈島生まれの野生児れんげちゃんですheart01

 半年前に行なった企画の「キャラクターデザイン人気投票」では最下位に終わった蓮華ですが、露出度を増やして人気を獲得しようと画策中~!洋服を脱ぐと意外とエロかったりするんです。でも頭が弱いと言う設定は変わりませんけど…(笑

| | コメント (0)

2008年2月 2日 (土)

ランデヴー

『C'était un Rendezvous』
 パリの郊外をノンストップで車が爆走する9分弱の短編映画です。監督はクロード・ルルーシュ。スピード狂にはたまらないものがありますが、法的にはかなり問題がある作品です。

 現代ではグラン・トゥ・リスモなどのゲームで見慣れている映像かもしれませんが、これを撮った1976年当時は、3Dのコンピューターゲームなんてありません。しかもこれは実写です。もはや狂った作品としか言いようがありません。でも興奮するんですよ、これが。

「YouTube版はコチラ」

この映画についての繊細は、CinemaScapeを御覧下さい。

| | コメント (0)

2008年2月 1日 (金)

はもれなセッション

 過去の作品を携帯に配信して貰おうと思い、押入れの中で埃がかぶっている原稿を引っ張り出しました。学習や企業マンガ、コミカライズ作品は二次的使用が出来ない為に、それらを抜かした作品を数えたところ、20作以上ありました。その作品を改めて読み直してみると、商業誌に初めて描いたデビュー作の「はもれなセッション」が一番面白く、今読んでも割と楽しめる作品でした。たぶん登場人物の葛藤を正面から描いていたからだと思います。

 まさかデビュー作の出来が一番良かったなんて思いも寄りませんでした。その頃の自分はシナリオの勉強なんてしてなかったし、適当に感覚だけで作品を描いてましたから。とは言っても、恥ずかしくて避けてしまいそうな青春物語を、逃げずに描ききった事だけは確かです。もしかするとその辺りが成功の要因だったのかもしれません。または初心者フロック?

 でも「少女っ子」は「はもれなセッション」を越えなければいけません。何故ならば、遠い遠い過去の自分に、「ようやく、君の作品を越えられる事が出来たよ!」と言いたいからです。
Img082
「はもれなセッション」より

 尚、今月中に「はもれなセッション」を先方の会社に渡しても、配信は6月以降になると思われます。

| | コメント (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »