« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月の7件の記事

2008年5月31日 (土)

訂正(みみっ子☆パニック配信のお知らせ)

先ほど「みみっ子☆パニック配信のお知らせ」と言う記事をUPしましたが、横溝ルパンさんの情報により勇み足だと言うことがわかりました。お騒がせしてすみませんでした。そしてルパンさん有り難うございました。一旦、その記事は「みみっ子☆パニック」のカテゴリーに沈めて、確実に配信された時に再度TOPに戻すことにします。

Mimicco_02
今後とも「みみっ子☆パニック」をよろしくね~

| | コメント (2)

2008年5月28日 (水)

WAVE製ターンテーブル

Tt

まなびストレート(フィギュア)用にターンテーブルを買いました。WAVE製のターンテーブル(SB)と言う製品です。説明書によると単三電池で約6ヶ月以上稼動するそうです。回転速度も1分間に1回転と遅くもなく速くもなく丁度良い速度です。

いやー、回転させるだけで学美と光香の可愛らしさが倍増ですよ。不思議~不思議~、まるでメリーゴーランドみたい!止っているのと動いているのでここまで違うとは…、恐るべし、ターンテーブルっ!!

動画をUPしたいけれど、ビデオカメラを持ってないので出来ません。うーん、残念…。そこでニコ動に行ってターンテーブルの動画を探していたら、こんなのがUPされていました。僕の買ったターンテーブルは、この動画よりも若干スピードが遅いかな。

〈その他メーカー各種ターンテーブル〉
トミカソーラーターンテーブル
グルーリ君
ソーラーターンディスプレイ
タミヤディスプレイターンテーブル

| | コメント (0)

2008年5月27日 (火)

天宮学美&稲森光香のフィギュア

Manabi_03

秋葉原に行ったついでに、前から欲しかった「がくえんゆーとぴあ まなびストレート! 天宮学美&稲森光香 白スク Ver.」を手に入れました。

 「がくえんゆーとぴあ まなびストレート!」は2007年に放送されたアニメです。内容はイマイチ面白いとは思えませんでしたが、キャラクターに関してはとても魅力的な作品でした。特に僕はみかんが大好きだったので、まなびの腕にしがみついている彼女の萌えポーズを見た瞬間、「買うっきゃない!」と思ってしまったんです。

続きを読む "天宮学美&稲森光香のフィギュア"

| | コメント (2)

2008年5月25日 (日)

MOSAIC.WAV

ニコニコ動画をサーフィンしていたら、アキバ系の電波ソングを発見!

もう「ろりろり~萌え萌え~」って感じの曲ばかりです。

「これはCDを買うっきゃない!」と言うことになり、そっそく秋葉原に行きました。

そしてソフマップにてMOSAIC.WAVの3rdアルバム「Future-Fiction:AKIBA-POP!!」をGET!!

ジャケット
Mosaic_01_2

Mosaic_03

Mosaic_02

このアルバムを聴いていると、自分の部屋が秋葉原になった気分になります。

| | コメント (0)

2008年5月23日 (金)

グリコのおまけ

Lico

街に買い物に行く途中、シンデレラステップ(光る階段)で小学生の女の子達が「グリコジャンケン」をしているのを発見。僕の子供の頃と同じく、女の子達はグーで勝つとグリコ、チョキがチヨコレイト、パーがパイナツプルと、文字数だけ階段を登っています。

続きを読む "グリコのおまけ"

| | コメント (0)

2008年5月12日 (月)

木のスピーカ(MS-76)


 エレコムのMS-76CH と言うアクティブスピーカーを買いました。DVDプレイヤーに直結して音楽を聴くためです。購入するにあたって、ネットで評判を調べたり、何回も量販店に足を運び、徹底的に色々な製品を聴きまくりましたが、その多くはドンシャリで、僕の望む方向性とは正反対のものばかりでした。しかしその中に僕の理想に近い中音を綺麗に奏でるものがありました。しかも量販店価格¥3980と言う格安の製品です。それがエレコムのMS-76です。

 MS-76の通称は「木のスピーカ」。木だけに温かくて広がりのある音を出すスピーカーです。特にボーカル中心の曲やアコースティック系の曲に限れば、価格以上の魅力的な音を奏でます。その中でも意外と良かったのがクラシックです。音に広がりがあってふわっとした感覚が味わえます。そしてひとつひとつの楽器が分離して聴こえ、空間さえも表現してしまいます。対してロックやヒップホップ系は苦手です。音に厚みがなく全体的に薄っぺらく聴こえてしまいます。あくまでもこのスピーカーはニアフィールドでアコースティック系の曲を小音量で聴く為のスピーカーで、激しい音楽には向いていません。それを承知の上で買えば、この価格帯では他に敵はなし!それくらい素晴らしい製品だと思います。ちなみに僕は机の上に置いて聴いています。スピーカーとの距離は60~70cmくらいです。

 実は1ヶ月前にロジクールのX-140と言うスピーカーを買ってDVDプレイヤーに直結して聴いていたのですが、中音は濁っているし、高音も出ないしで、音楽を聴いてても楽しくありませんでした。しかしMS-76を買ったので、X-140はパソコン用として使う事にしました。そしてアニメの視聴やニコニコ動画を見る時に使っています。音楽はBGM程度です。それでもイコライザーを弄ると結構聴ける音になるので、パソコンの作業中にアニソンなどを聴いています。

 MS-76の話しに戻りますが、ネットで噂のノイズ(ハム音)は、耳をスピーカーに近づけると微かに聴こえる程度です。1メートルも離れれば僕には聴こえませんでした。ただしヘッドフォンではかなりの量になります。でも僕はヘッドフォンで聴く事は無いので無問題です。

【追記】
 上でMS-76はロックやヒップホップ系は苦手と書きましたが、トーンコントロールの調整、エンクロージャー(箱)の左右上下の角度調整(耳の方に向ける)、木のインシュレーターを使う、壁際に置く、など色々なセッティングを試した結果、ドラムのアタック音やベースラインが強調されて幾分か良い感じになりました。ただしあくまでもこのスピーカーなりです。量感を求めてはいけません。結論としてはロックやヒップホップを聴く方は別のスピーカーを選んだ方が無難と言えるでしょう。尚、サランネットは外して聴いています。

【追記2】
年末恒例の紅白歌合戦を聴こうとしてテレビにMS-76を繋いだところ、テレビのスピーカーに毛の生えた程度の音しか鳴りませんでした。殆ど低音を感じられなかったんです。原因は視聴距離が2mだった為だと思われます。MS-76はあくまでもニアフィールド向けのスピーカーだと認識しました。それで試しにロジクールのX-140と繋ぎ変えたところ、MS-76よりも格段に心地良い音がしました。x-140は2メートルの距離でも低音がちゃんと聞こえるんですね。それと多少大きな音を出してもX-140は極端に音が破綻しません。そんな事が2mの距離で聴いた際に功を奏したんだと思います。用途を考えて使えば両機とも良いスピーカーなんだな…って実感しました。

~参考音楽~
アコースティック系/ たま、フェイ・ウォン、ビング・クロスビー
ポップス/デ・ジ・キャラット、MOSAIC.WAV、林原めぐみ
ヒップホップ、R&B/エミネム、シャンテ・ムーア、TLC
ロック/妖精帝国、紅葉~momiji~
クラシック/ペールギュントの朝、フィンランディア、カルメン

|

2008年5月 5日 (月)

透明色の下描き

 えっと、下の絵は「透明色のあいつ」のカラーイラストを描いた時に、一緒に描いた下描きです。お蔵入りさせるのも勿体無いので、暇を見て色を塗ってみようと思います。
Toumei001_2
以下、web拍手で頂いたメッセージへの返事など…。

続きを読む "透明色の下描き"

| | コメント (2)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »