« みみっ子☆パニック配信のお知らせ | トップページ | マンガ市場ドットコム »

2008年7月 6日 (日)

少女っ子を少女っ子clubで?

スケッチブックに水彩絵の具で描いたヴィナの絵です。
アナログで色を塗る時は失敗が許されないのでとても大変だったりするのですが、それはそれで緊張感があってとても楽しかったりします。

Otome036_2
実はインド編の表紙の絵だったりしちゃったりして~

 
 えっと、ここから先(固定リンク)の文章を読まれている方は、少女っ子clubの常連さんだけだと思いますので、僕のちょっとした計画をお聞き下さいませ。

 それは「少女っ子」を携帯コミックとして配信する前に、このブログ(少女っ子club)にて発表してしまおうと言う計画です。

 そう考えるに至った要因はいくつかあるのですが、まずその一つとして、ケータイまんが王国は、原稿を渡してから配信されるまでに半年以上も掛かること。原稿を描いたら、なるべく早く読者に読んでもらいたいと言うのが人情でして、それが半年以上も読者の目に触れないとなると次の話を描くモチベーションも上がりません。

 そして二つ目の要因。「『少女っ子』が配信された時には新作としてTOPページで紹介しますよ!」と約束してくれた担当さんが退社して、次の担当さんがその約束を反故にしたこと。なんでもTOPページで紹介する作品は、超売れっ子漫画家の作品のみらしく、無名漫画家はどんな面白い作品を描こうが紹介しないそうです。そうなると「少女っ子」はその他多数の作品群に沈んでしまい、読者の目に触れ難くなってしまいます。旧作ならそれでも構わないのですが、流石に新作をそのような扱いにされてしまうのは辛いものがあります。読者が「つまらない、こんな作品は読みたくない」と言うのなら、アクセス数が減っても当然だし、旧作と同様の扱いをされても何の文句もないんですけど、そうじゃないから困るんですね。

 そんな事を考えている内に、「新作が旧作と同様の扱いをされるのならば、新作としてまず初めに少女っ子clubで発表してもいいじゃないのか?」と言う想いが沸々と湧き上がってきたんです。少女っ子clubで発表すれば、少なくとも月に300人以上の人が読んでくれるはず。その事によってモチベーションも上がり、原稿の仕上がりも早くなり、作者としては願ったり叶ったりです。それと著作権は作者にありますので、ブログに配信しても契約違反にはなりません。作品を世に広めると言う意味では良い事尽くめです。

 …とは言いつつも、この計画には少々問題もあったりします。それは有料の携帯サイトに配信されている作品が、同時に無料のブログにも掲載されているとなると、読者に不公平感が生まれるのではないか?と言う事です。この一点だけが気になって、ブログで配信するかどうかに二の足を踏んでいる状態だったりします。

 尚、アクセス解析によると、現在までにケータイまんが王国の読者が、このブログを訪れた人数は、1~2人です。実際問題、このブログとケータイまんが王国は、ほとんどリンクされてないと言っても過言ではありません。

 さて、そう言ったデータも踏また上で、どうしましょう?う~ん、悩むなぁ…。

|

« みみっ子☆パニック配信のお知らせ | トップページ | マンガ市場ドットコム »

コメント

こんにちは。いつもお世話になります。

ケータイまんが王国の担当さんが退社されて、いろいろと悩ましいですね。せっかく書き下ろしの新作として描いているのに、トップページで告知すらしてくれないとは酷いですね。

私も早く「少女っ子」を読みたいですが、全てを無料でブログで配信してしまうのは、さいたさんの収入や携帯で読まれる方の不公平感を考えるとどうかと思います。

よくあるのは、最初の数ページとか第1話だけを無料で公開するというパターンですが、著作権がさいたさんにあるということなので、この際別の販売経路を開拓するというのはどうでしょうか!?

ちょっと調べてみたら、「マンガ市場ドットコム」http://www.mangaichiba.com/というところでは作品の委託も受けつけているようでした。
商業誌ではなく、同人誌扱いになってしまうかもしれませんが、作家さんの方に管理手段が提供されていて、アップロードすれば作品が公開されるようなシステムになっているようです。

以上ちょっとした思いつきですが、何かの参考になれば幸いです。

投稿: 横溝ルパン | 2008年7月 6日 (日) 11:04

横溝ルパンさん

コメントを有り難う御座います。さっそく「マンガ市場ドットコム」にアクセスして、一通りの説明を読んできました。

「少女っ子」の発表の場を増やすには持って来いのサイトですね。良いなぁ…と思ったところは、作品の話数毎に有料か無料かを作者が自由に決められることです。無名の作家が有料の作品を読んでもらうには、宣伝の為に初めの数話分は無料で公開した方が良いと思ってましたから。

それと作品をweb上で観覧する事は出来ても、ダウンロードは出来ないと言うシステムも良いですね。ブログで発表すると、どうしても著作権を侵害される恐れがありますからね。

そんな良い感触のサイトだったので会員登録を済ませちゃいました。「少女っ子」が5話分くらい貯まった時点でを作品をUPしてみようと思います。

逆算すると9月頃にはマンガ市場ドットコムにて「少女っ子」が発表できるかもしれません。それでケータイまんが王国での配信は、その半年遅れって感じですかね。やっぱり描いた作品がすぐに公開できるのは気持ちに張りが生まれます。ちょっとだけやる気が復活しました。

ルパンさん有り難う御座います。また色々な情報がありましたが、是非ご教示して下さい。宜しくお願いします。

最後に、感謝!感謝!です。

投稿: さいた | 2008年7月 6日 (日) 15:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« みみっ子☆パニック配信のお知らせ | トップページ | マンガ市場ドットコム »