« 美しい花 | トップページ | 時計の針が12を示す時 »

2009年4月24日 (金)

売れない漫画家日記

初期作品集を更新しました。
タイトルは「売れない漫画家日記」です。

クリックしてね!→④「売れない漫画家日記」
Urenai_00

 「うる星☆やつら」が流行っている頃に描いた作品です。女の子の姿はラムちゃんに影響されました。この頃から僕の漫画は手塚治虫先生から高橋留美子先生っぽい作品へと変わっていったような気がします。それだけ「うる星☆やつら」は僕にとって魅力的な作品でした。

 「売れない漫画家日記」は架空の物語ですが、ゴミ箱に同人誌が捨てられたエピソードだけは実際にあった出来事だったりします。この同人誌は美術部員の有志で作って各々のクラスメイトに配ったのですが、気がついたらその内の1部がゴミ箱に捨てられていたんですね。その同級生は少年ジャンプなどの雑誌を読む感覚で、同人誌も読んだら捨てるものだと思ってたとか、いないとか・・・?

尚、初期作品集のページ数が増えてきましたので、一枚辺りのデータ量を軽くしました。これまでよりも早くローディングできると思います。

|

« 美しい花 | トップページ | 時計の針が12を示す時 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美しい花 | トップページ | 時計の針が12を示す時 »