« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月の3件の記事

2010年2月26日 (金)

ブルーレイレコーダー

つ、ついに、SONYのblu-rayレコーダー「BDZ-RS10」を買っちゃいました~♪

 当初は「PS3」と「トルネ」(PS3で地デジが録画できるレコーダーキット)を買う予定でしたが、多少価格が高くなっても使い勝手が良い方が後悔しないと思ったので、悩みに悩んだ末にブルーレイレコーダーの方にしちゃいました。

 やっぱりブルーレイレコーダーで録画した地デジの映像は綺麗ですね。早速、「クッキンアイドル アイ! マイ! まいん!」の実写部分の福原遥ちゃんを録画しました。そして繰り返し何回も再生!何回観ても彼女は可愛いですっ!それとDVDの映像もアプコンによって格段に綺麗に観られるようになったのも良いですね!特に3Dアニメとは相性が良いみたいです。僕が大好きな「アップルシード」などはDVDの映像とは思えないほど綺麗になりました。

 ブルーレコーダーと併せて「ノイズフィルタータップ(audio-technica AT-NF518)」「OAタップ(エレコム KT-180)」も買いました。これが結構なお値段なんですよね。特にノイズフィルタータップの方が…。でもウチでは冷蔵庫のコンプレッサーがテレビの映像に悪影響を与えるので、必須のアイテムだったりするんですよね。まあ、お陰様でノイズフィルタータップをテレビ(レコーダー、ブースター含む)側に、OAタップを冷蔵庫側にセットしたら、ピタリとノイズは消えました。ですがここまでしても稀に謎のノイズが入ることがあります。それと上空にヘリコプターが飛ぶとノイズが入ります。これはアンテナを使っている限り対処のしようがないのかなぁ…。

 こうなるとブルーレイの1920×1080pの超美麗な映像が観たくなりますね。本日発売のブルーレイソフト「ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~」が映像的にも美しそうなので買っちゃおうかな~♪

| | コメント (4)

2010年2月17日 (水)

WEB拍手

2月14日 0:26 WEB拍手にコメントを頂きました。

 感想をありがとうございます~っ!感謝感激です~っ!

 そうですね、バスルームが作品の中で一番感情移入しながら描いた場面ですね。更紗が泣いた場面では、僕も泣きながら原稿を描きました。

 世界観ですが、やっぱりギャグっぽい中に人間ドラマが入った作品が描きたいです。キャラクターが泣いたり怒ったり笑ったりしながら、一生懸命に生きている姿、そんな作品が描けたら本望かなぁ。

 感想は「少女っ子」のコメント欄に掲載させて頂きました。今後とも宜しくお願いしますね!

| | コメント (0)

2010年2月13日 (土)

普通のテレビを3Dにする裏技

 春にはpanasonicからフルハイビジョン対応の3Dテレビが発売されます。画面サイズは54型と50型で、店頭価格はそれぞれ53万円前後と43万円前後だとか。 「ぷぎゃ~!!!!!!!!!!!!!!」って叫びたくなる金額ですね!これじゃ一般人には手が出ませんよね。そこで「普通のテレビが3Dになる裏技!?」の登場です!

その方法は・・・?片目を瞑って画面を見るだけ!
3d_01_2

「え~!そんなバカな~~っ!?」と思われるかもしれませんが、事実は小説より奇なり。今すぐ試してみて下さい!本物の3Dっぽい映像が目の前に広がること請け合いですよ。

【効果的な観方】

1)奥行きのある映像を観る。 
 (世界遺産とか旅番組など)

2)動く映像を観る。
 (カメラがパーンすると効果抜群) 

3)なるべく大型のテレビで観る。
 (できることなら42型以上が好ましいかな)

4)視界いっぱいに画面が広がるまでテレビに近づく。
 (42型TVの場合で距離50cmまで近づくと迫力満点)

5)部屋を暗くする。
 (映画館みたいになります)

↓例えばこんな映像などが効果的です。
Swep301_2

「スターウォーズEP3」の冒頭の戦闘シーンです。

他にも効果的に見える映像はいっぱいあると思います。色々な映像で試してみましょう!

【注意!】
人によっては気持ち悪くなる場合があります。
片目で観る際は自己責任でお願いします。

 『では何故片目で観ると立体に見えるのでしょうか?個人的な推測ですが、両目で見た場合は脳がテレビ画面を平面として認識できるけど、片目の場合は脳が平面的な画面とは認識できなくなるからだと思います。言い換えると、平面的な物でも立体的に見えるように脳が補っていると言うこと。日常的に立体物を見ている経験から来る錯覚ですね。人間の脳って本当に不思議です。』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »