« 練馬大根ブラザーズ | トップページ | WEB拍手 »

2010年2月13日 (土)

普通のテレビを3Dにする裏技

 春にはpanasonicからフルハイビジョン対応の3Dテレビが発売されます。画面サイズは54型と50型で、店頭価格はそれぞれ53万円前後と43万円前後だとか。 「ぷぎゃ~!!!!!!!!!!!!!!」って叫びたくなる金額ですね!これじゃ一般人には手が出ませんよね。そこで「普通のテレビが3Dになる裏技!?」の登場です!

その方法は・・・?片目を瞑って画面を見るだけ!
3d_01_2

「え~!そんなバカな~~っ!?」と思われるかもしれませんが、事実は小説より奇なり。今すぐ試してみて下さい!本物の3Dっぽい映像が目の前に広がること請け合いですよ。

【効果的な観方】

1)奥行きのある映像を観る。 
 (世界遺産とか旅番組など)

2)動く映像を観る。
 (カメラがパーンすると効果抜群) 

3)なるべく大型のテレビで観る。
 (できることなら42型以上が好ましいかな)

4)視界いっぱいに画面が広がるまでテレビに近づく。
 (42型TVの場合で距離50cmまで近づくと迫力満点)

5)部屋を暗くする。
 (映画館みたいになります)

↓例えばこんな映像などが効果的です。
Swep301_2

「スターウォーズEP3」の冒頭の戦闘シーンです。

他にも効果的に見える映像はいっぱいあると思います。色々な映像で試してみましょう!

【注意!】
人によっては気持ち悪くなる場合があります。
片目で観る際は自己責任でお願いします。

 『では何故片目で観ると立体に見えるのでしょうか?個人的な推測ですが、両目で見た場合は脳がテレビ画面を平面として認識できるけど、片目の場合は脳が平面的な画面とは認識できなくなるからだと思います。言い換えると、平面的な物でも立体的に見えるように脳が補っていると言うこと。日常的に立体物を見ている経験から来る錯覚ですね。人間の脳って本当に不思議です。』

|

« 練馬大根ブラザーズ | トップページ | WEB拍手 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86933/47555447

この記事へのトラックバック一覧です: 普通のテレビを3Dにする裏技:

« 練馬大根ブラザーズ | トップページ | WEB拍手 »