« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月の2件の記事

2010年7月17日 (土)

【SONY TA-F501】デジタルアンプ

 先日ハードオフに行ったら前から欲しかったアンプが置いてありました。値段を見ると半額で、しかも未使用品。ちょっと迷いつつも衝動買いしてしまいました。そのアンプはSONYのTA-F501。小型のデジタルアンプです。

コレです↓ (画像をクリックすると商品情報が見られます)

SONYのTA-F501

 TA-F501の魅力的なところは、同軸や光デジタル接続できるところ、そしてAVアンプのようにルームイコライジングしてくれる自動音場補正機能「D.C.A.C」が付いているところです。僕のようなAV環境からピュアに移行するのにはピッタリなプリメインアンプなんですよね。

 基本的にBDプレーヤー&テレビしか接続しないので、どうしてもデジタル接続できるアンプが欲しかったんですよね。と言うのは、BDプレーヤーでD/A変換するよりも、アンプ側でD/A変換した方が音質の劣化は避けられますから。

 それと自動音場補整機能「D.C.A.C」ですが、フルフラットでは見通しが良い澄み渡った音になり、エンジニアモードでは広がりや響きが加わってフワッとした音になります。エンジニアモードはアニメや映画を見る時にピッタリだと思いました。

 スピーカーはBOSEの301AVMを使用してます。BOSEとデジタルアンプって相性がいいのかな。ボケ気味だったBOSE 301AVMの低音がクッキリ締まった音になりました。20cmウーハーを軽々と駆動しているって感じですね。

【追記】
(1)購入して1ヶ月が経ちました。電源を入れていた時間は100時間くらいです。エージングが進んだのか耳が慣れたのかはわかりませんが、初めの内は聴こえ難かったボーカルや台詞が聴き易くなりました。アニメ観賞に関しては声優さんの声を温かく、それでいてハッキリと聴かせてくれるので大満足です。

(2)スピーカーをBOSEのAM-5Ⅲに変更しました。トーンコントロールで調整しなくても美しい音を奏でるようになりました。音場補整機能はその時々の好みで使用しています。それと迫力が欲しい時だけラウドネスをONするくらい。ボケない柔らかい音、そしてノイズ感が無い静寂な音が聴ける良いアンプだと思います。欲を言えば、リモコンで電源のオンオフ、光端子をもうひとつ追加…くらいですね。

《使用中のケーブル》

同軸デジタルケーブル
audio-technica AT-DV95D

光デジタルケーブル
audio-technica AT591D/Monster Cable BLSS

RCAケーブル
Monster Cable BIL250/Audioquest ALFA-SNAKE

| | コメント (0)

2010年7月16日 (金)

習慣化とweb拍手の返事

 ここ2ヶ月くらいブログの更新を怠ってしまいました。アニメの感想を書いていた頃は毎日のように更新、少女っ子clubになってからは週に1~2回くらい更新するのが恒例になってましたが、これっていわゆる生活の一部みたいなものだったんですね。でも一旦その習慣性がなくなると、簡単な文章を書くのさえ億劫になっちゃうんですよね。

 習慣といえば、歯磨きとかも似たようなもので、子供の頃は寝る前さえも面倒くさくて磨かなかったものですが、今現在は御飯を食べた後は必ず磨くようになりました。当初の目的は虫歯予防だったんですが、今では磨くこと自体が習慣化されて、何かを食べたら歯を磨く癖がついてしまったみたいです。そんな訳で歯磨きも習慣、ブログも習慣、とりあえず習慣化しなくちゃ~てな感じで、手始めとしてweb拍手の返事を書く事から始めちゃいます。


6月23日 13:50 胸が熱くなりました^^こんなに良い話を読ませてくれてありがとう。

《返事が遅れてすみませんでした。感想をありがとうございます!次回作の励みになります。上記の感想は「少女っ子」の感想のコーナーに感想をUPさせて頂きました。宜しければまた来て下さいね~》

6月26日 19:33 どうも幼女ランドです
あなたの書く少女達があまりにも好みなのばかりなので全ていただいちゃいました?これからも素敵な少女達を描いて下さい

《返事が遅れてすみませんでした。趣味が合う人がいらっしゃるのは嬉しいですね!可愛いは正義っです!宜しければ漫画の方も読んで頂けると嬉しいですっ!》

| | コメント (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »