« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月の4件の記事

2010年9月17日 (金)

チャパティ Rotli

Roti

 チャパティは小麦の全粒粉(アタ)を焼いた食べ物です。インド北部の主食です。インド人は日常的にナンを食べていると思われていますが、実はチャパティの方が多く食べられているんだそうです。アジアン スパイス マーケット(Asian Spice Market)の店員さんに聞いたところ、インドの女性はチャパティを一人前に作れるようにならないとお嫁にいけないそうです。実際に自分の手で焼いてみると、上の画像のようには上手く膨らみませんでした。インドの女性はふっくらとしたチャパティが作れるのかな?

〈店員さんから聞いて成る程…って思ったこと〉
 インド人の店員さんが日本に来た時に不思議に思った事は、日本人が自分達の国を「日本」と呼んでいる事だったそうです。英語が公用語のひとつになっているインドでは、日本の事を「ジャパン(Japan)」と呼んでいるので、「日本」と言う呼び方は聞いた事もなかったんでしょうね。
 それと同様にインド人は、ヒンディー語で自分達の国を「バーラット(Bhārata)」と呼び、英語では「インディア(India)」と呼んでいます。インド人は自分達の国を「インド」と呼ぶ事はないんですよね。「インド」と言う呼び方は日本独特のものだったんです。
 インドとインディアは似てるけど…、インドとバーラットって全然違う呼び方じゃん!ちょっとビックリです。

| | コメント (4)

2010年9月 9日 (木)

チャナマサラ Channa Masala

Channamasala_1 Channamasala_2

 チャナマサラはカレーです。でもカレーと言う食べ物はインドにはありません。カレーはインドで食べられている香辛料を使った料理全般の事を指した日本独特の呼び方なんです。チャナマサラもその料理のひとつなんですね。ちなみにチャナマサラは日本のカレーに似た味付けでした。

 今回食べたチャナマサラは上記の2品です。左上のチャナマサラは日本人向け、右上のチャナマサラはインド人向けに作られたものです。インド人向けのチャナマサラはとても辛かったです。でも本場のインドテイストを味わいたかった僕にとっては大満足の一品でした。

| | コメント (4)

2010年9月 4日 (土)

ソアンパプディ Soan Papdi

Soanpapdi

インドの甘~いお菓子です。口の中に入れた瞬間、フワッと溶けちゃう不思議な食べ物です。まるで綿菓子ですね。綿菓子と違うところは、ビスタチオやカルダモンが入っているところかな。甘さの中にピリッとした食感が味わえるんです。やっぱりインドのお菓子ですね~。

原材料:ひよこ豆、小麦粉、砂糖、乳脂肪、アーモンド、ビスタチオ、カルダモン

| | コメント (4)

2010年9月 1日 (水)

パパド PAPAD

Papad

パパドはインドのお煎餅です。厚さが薄くてパリパリしてます。基本的には油で揚げて食べますが、フライパンで焼いても美味しく食べられます。

買った直後は揚げて食べる食材だと言う事を知らなかったので、そのまま生で食べてしまいました。まるで紙を食べているみたいで変な味でした。一緒に食べていた友人がネットでPAPADを検索したら、揚げて食べる食材だと言うことが判明。改めて焼いて食べたらパリッとして香ばしいお煎餅でした。

| | コメント (6)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »