« 平穏な日々 | トップページ | BOSE AM-5Ⅲ »

2011年1月28日 (金)

『平凡な生活』

小説の第二弾です。
今回のテーマは「平凡」です。一昨日投稿した記事「平穏な日々」とは少なからず共通する部分があるんじゃないかな…なんて思ったので配信する事にしました。ぜひ読んでみてね!

『平凡な生活』
           
 俺はリビングのテーブルに腰をおろて朝刊を広げた。いつものように一面は汚職やテロリズムなどの記事で埋めつくされていた。三面には殺人事件や通り魔などの日常的な記事が載っていた。ひと通り目を通した頃に妻が朝食を持って来た。

「あなた、今日は何か変わったニュースでもありました?」

 俺はスープを片手に持ちながら答えた。

「いや、いつも通り平凡な記事ばかりだよ」

 食事が終わると俺は出社した。これがサラリーマンである俺の日常的な風景だ。平凡ではあるが俺はこんな生活が好きである。堅実な生活、波乱が無い生活、それこそが俺にとっての安寧だからだ。 

 しかしついに俺の日常にも終りを告げる時が来た。いつものように俺は目覚まし代わりの朝刊を読もうとした時の事である。一面はおろか、二面にも三面にも事件と呼べる記事は何も載っていなかったのだ。

 昨日は事件が何も起こらなかったのだろうか?いや、そんな事は考えられない。では何ゆえに事件が起こらなかったのだろうか?しかし如何なる理由も俺には考えつかなかった。コラムを見ると俺と同じ疑問を記者が投げかけていた。それによると記者も理由は解らないらしい。俺は一言呟いた。

「異常だ!」

 強盗はおろか、交通事故さえ起こらない日があっても良いのだろうか。人間が一人も間違いを犯さない日があっても良いのだろうか。こうして俺の日常的な生活が崩れ去った。妻は俺の心境も知らずに、いつも通り食事をテーブルに置いて俺に話しかけた。

「今日は何か変わった事件はありました?」

 そして俺は答えた。

「事件が皆無な所が事件だ」

 妻は俺の言った意味が解らないようだった。そして妻は出社する俺を見送った。

「異常だ、俺にとっての平凡が崩れたのか?」

 出社中の俺の頭の中は錯乱し続けた。

 そして一日が過ぎた。次の日の朝刊は、いつも通りの平凡な新聞に戻っていた。殺人に汚職に世界情勢の悪化…。そして三面には主婦のバックを引ったくるサラリーマンの事件が載っていた。

「これでいいのだ、これで」

 俺は留置所でニヤリと笑った。

(初稿1995年、改訂版2011年1月28日)

|

« 平穏な日々 | トップページ | BOSE AM-5Ⅲ »

コメント

こんにちは。いつもお世話になります。

「平凡な生活」、読ませていただきました!
世界に何か事件が起こっていることこそが平凡。誰も平穏無事な世界を願っているはずなのに、もし実際にそういう日があったとしたら、確かに主人公のように違和感を持ちそうです。・・・犯罪までするかはともかくとして・・・。(^^;

「平穏な日々」も読ませていただきましたが、1日に12時間以上洗濯をしているなんて、どういう人なのか気になりました。商売で洗濯していたわけじゃないんですよね?
もしかして、極度の潔癖症、もしくは強迫神経症だったのでしょうか!?
ともあれ、静かな日々が帰ってきてよかったですね。(^^)

投稿: 横溝ルパン | 2011年1月28日 (金) 18:50

横溝ルパンさんへ

コメントをありがとうございます。

価値観が逆転しらたどうなるだろう?と言う発想から書きました。

>主人公のように違和感を持ちそうです。

仮に完璧な平穏な日があったら「何か裏があるんだろうな?」なんて勘ぐっちゃうかもしれませんね。

隣の洗濯好きの住人は業者とかではなく普通の主婦っぽかったです。その日に身に付けた物や、布団カバーなども毎日洗っていたような気がします。たぶん度を越えた清潔好きな人だったんでしょうね。兎にも角にも、その人が引っ越して精神的に楽になりました。

投稿: さいた | 2011年1月29日 (土) 15:21

ショートショートですね。「事件が皆無な所が事件だ」
病んでしまった近未来のお話でしょうか、それとも明日のお話・・・

それと、一番、怖いのは怪しい隣人ですね。
毎日、ジャブジャブ(ボクシングです。念の為)という具合に迷惑をかけられたら体が参りますよね。
多分、どこにでもいるのかもしれないけど
度を越されたら勘弁できないですね。
多くの近所の人に言われたのでしょう。

平凡な生活の中の恐怖が最も恐い・・・

投稿: あおば映治 | 2011年1月30日 (日) 00:31

あおば映治さんへ

コメントをありがとうございます。

一応、現代劇ですね。現代のif物って感じかな。

土日関係なしに、朝早くから騒音を垂れ流す洗濯おばさんには、ほとほと参りました。兎にも角にも平凡な生活が戻ってよかったです。ホント日常の生活は平凡が一番ですよね~!

投稿: さいた | 2011年1月30日 (日) 15:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平穏な日々 | トップページ | BOSE AM-5Ⅲ »