« AM-5Ⅲ&301AVM | トップページ | ダル マッカニー Dal Makhani »

2011年2月24日 (木)

エントリークラスのAVアンプ

 3週間前に8年間使用していたAVアンプ(ONKYO/TX-DS797)が壊れました。仕方なく現在はプリメインアンプ(SONY/TA-F501)で5.1chの映画を2.0chにダウンミックスして観ています。でも5.1chの映画はサラウンド対応のAVアンプで観ないと面白さが半減するんですよね。やっぱり映画は音質よりも空間表現を優先にしなくちゃって感じです。

 そこで新たにAVアンプを買おうと思ってます。各メーカーのエントリークラスをチェックしましたが、その中で一番魅力的だったのはYAHAMA RX-V467(ヨドバシ価格/¥39.800)。特に豊富なDSPとHDMIスタンバイスルーの消費電力が低いところが良いですね。ヤマハ製のDSPは空間表現が卓越していて音で遊びたい自分にとっては外せない機能のひとつなんですよ。

 次点でDENON AVR-1911(ヨドバシ価格/¥29.800)。価格が安い点が最大の魅力です。でもやっぱりDSPで遊びたい自分にとっては物足りないものがあるかなぁ…。

 とは言いつつも、もう少し予算があれば上のクラスのYAMAHA RX-V767(ヨドバシ価格/69.800)が欲しいところ。夏頃まで待てば価格も下がってくるので買えない事がないんですが、今買うとなるとエントリークラスのRX-V467がいっぱいいっぱい。う~ん、どうしようかな…?そんな感じで3週間くらい前から悩んでます。

|

« AM-5Ⅲ&301AVM | トップページ | ダル マッカニー Dal Makhani »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« AM-5Ⅲ&301AVM | トップページ | ダル マッカニー Dal Makhani »