« 『平凡な生活』 | トップページ | AM-5Ⅲ&301AVM »

2011年2月 4日 (金)

BOSE AM-5Ⅲ

BOSEのスピーカーAM-5Ⅲを買いました。
↓こんな形のスピーカーです。
Am5_iii

 BOSEのスピーカーは20年前に301AVM、10年前に33WERを買いました。今回のAM-5Ⅲで3台目です。AM-5Ⅲは301AVMや33WERよりもクリアな音で音場感が自由に創れる楽しいスピーカーです。セッティング次第で部屋に色々な空間を創り出す事ができるんですよね。

 このスピーカーの面白いところは、中高音を担当しているキューブ型の小さいサテライトスピーカーと、低音を担当している大きなベースモジュールが分かれているところです。サテライトスピーカーは上下の角度を変えたり、左右の距離を換えるだけで極端に音が変化します。壁の反射音を利用するためです。これは量販店などの家電ショップで聴いただけでは絶対にわからない感覚だと思います。とにかくセッティング次第で極端に音が変わるスピーカーなんです。

 次はベースモジュールですが、サイズが大きいので置ける場所が限られます。本当は左右のサテライトスピーカーの間に置くのがベストなんですが、うちの環境ではテレビの両脇にスピーカーを置いているので真中には置く事が出来ません。仕方なくサテライトスピーカーの左側に置いているんですが、どうしてもベースモジュール側に低音が引っ張られてしまいます。この辺りはテレビと共存をしている環境では妥協するしかないかな…。

 そんな感じで普通のスピーカーとは一風変わった面白いスピーカーです。音で遊ぶにはピッタリなスピーカーかな?とにかくセッティングさえ上手くいけば、価格以上の大型スピーカーで聴いているような感覚を味わえること受け合いですよ!

 さてさて、「どこまで良い音がするのか?」を確かめる為に、AVアンプからプリメインアンプ(SONY TA-F501)に繋ぎ直して、スピーカーケーブルをベルデン(STUDIO716EX)に買い替えて、押入れから使ってないDVDオーディオプレーヤーを引っ張り出して繋いでみました。う~ん、これは凄いです!目を瞑ってしまえば遥か上のクラスのスピーカーと間違ってしまうくらいの音を奏でます!特に生演奏のジャズのベースやコントラバスの低音の響き、ボーカルの抜けの良さにはしびれます。琴やハープの音場感のある響きも良いですね。でもピアノの高い音はちょっと苦手かな。

 実を言うと、このスピーカーを買った本来の目的はアニメ視聴だったりします。アニメを見る為だけにしては高価なセットだと思いますが、声優の声を気持ち良く聴く為にはこれくらいのセットは必要なんですよね!

 さてアニメを見た時の感想ですが、声優の声がハッキリクッキリ聴こえるのが心地良いですね。特にテレビの真中にダイアログ(台詞)がピタッと定位するのが凄いです。まるでテレビの中から声が聴こえる感じです。それでもって効果音はちゃんと部屋いっぱいに広がるんです。42インチ程度のテレビだったら程よい感じで鳴らせると思います。

以下はサテライトのセッティング方法

(上は正面、下は前内振り)
直接音が多いセッティングです。ハッキリと力強い音が出るのでアニメや音楽に使用しています。

(上は後ろ内振り、下は前内振り)
上のサテライトの音をテレビの画面に反射させています。中音の厚みが増してテレビの奥に音像が浮き上がります。まるで映画館のような音場です。けっこう気に入っているセッティングです。アニメでも映画でも雰囲気を楽しみたい時に使っています。

|

« 『平凡な生活』 | トップページ | AM-5Ⅲ&301AVM »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『平凡な生活』 | トップページ | AM-5Ⅲ&301AVM »