« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月の4件の記事

2011年7月20日 (水)

塔の上のラプンツェルを観ました

 待ちに待った「塔の上のラプンツェル」が発売されました。早速、ヨドバシカメラにてブルーレイ版を購入!とりあえず日本語吹き替えと英語で1回ずつ観ました。

 観終えた感想は、「これぞ、ディズニーアニメ!!」って感じで、最後まで安心して観られました。良い意味で昔のディズニーアニメを踏襲しているんですよね。やっぱりディズニーは、こんな感じの王道が似合うと思います。どちらかと言うと、奇をてらってプリンセスと王子様を結婚させなかった「魔法にかけられて」よりも、王道で予定調和の「塔の上のラプンツェル」の方が好きですね。愛する人の為に自分の一生を捨てる覚悟をしたプリンセスと、愛する女性を救うために命をも厭わない男、そして最後にはこの二人が結婚して幸せに…、もうベタベタだけど、ディズニーっぽくて良いじゃない。

 それと多くの人が感想で書かれているように、夜空に浮かぶランタンのシーンが素晴らしかったです。もちろん映像は当然として、ランタンを浮かべた王様と王妃の想いを考えただけでも胸が詰まりましたもの。

<参考資料>
実際に台湾で行われた アジアの奇祭「天燈」の映像を見つけました。幻想的で綺麗ですね!

 そうそう、ラプンツェルの吹き替えは中川翔子(しょこたん)です。彼女の声はラプンツェルに凄く合ってましたね。しょこたんは普段から声優の仕事も手掛けているので、流石!って感じです。最後まで安心して聴いていられました。

 「塔の上のラプンツェル」はミュージカルなので、ラプンツェルが歌っているシーンも、てっきりしょこたんが歌っていると思ってました。しょこたん、歌手だし。…とは言っても、しょこたんの声に似ている歌手が歌っていたので違和感はありませんでしたけど。そうそう、ラプンツェルの歌と言えば、英語バージョンの歌い手さん、凄く良いですよ!生き生きしていて感情が全面的に伝わりましたもの!

 最後に・・・、映画に刺激を求める人には薦められませんが、誰もが安心して観られる良質なアニメですので、気の置けない友人や家族と一緒に観るのにお薦めの映画です。まだ未見の方は夏休みにでもレンタルして観てみて下さい。きっと団欒の一時が味わえると思いますよ。

| | コメント (2)

2011年7月17日 (日)

最近「日常」が面白い!

ここ最近、「日常」が面白いのです!!

 正直、放送開始直後はシュールすぎて面白く感じられなかった作品だけど、11話以降は回を増す毎に面白く感じられるようになりました。

 面白く感じた切欠は「ニフラムで消えそうなモンスター」のエピソードからですね。ゆっこの馬鹿さ加減が楽しくて楽しくて、「体温88.8度」には思わず笑っちゃいました。そして「テスト80点」は馬鹿キャラが際立って、「前屈土下座」は声を出して笑っちゃいました。ゆっこのエピソードは本当に面白いです!

 それと、なの&はかせのエピソードも面白く感じられるようになりました。やっぱり非日常キャラのロボットが普通の高校に通った意味合いは大きいです。これで日常の生活では如何に高性能ロボットが異色的存在なのかが判りましたから。

 最近は彼女達のエピソードだけ切り取って、BD-Rに録画保存したくなるほど放送日が待ち遠しくなりました。

| | コメント (2)

2011年7月 9日 (土)

輪るピングドラム

今期の新作アニメの中で初めて引き付けられる作品に出会えました!独創的な世界観や演出がウテナみたいで良かった~♪次回も楽しみ。とりあえずレコーダーに毎週録画予約しておこう!

| | コメント (2)

ノートパソコンのクーラー買いました

いよいよ暑い暑い夏がやって来たーっ!・・・ような気がする今日この頃。現在使用しているノートパソコンのDynabookも熱々状態です。そこでノートパソコン用の冷え冷えクーラーを買いました。

 このクーラーはノートパソコンの後ろに置いて底面に風を送り込むタイプの一風変わったアイデア商品です。室温が28度以下の場合はパソコンの底面が冷え冷えになってマウスを持つ手も寒いくらいです。でも肝心のCPUの温度はそこまで冷えてないみたい。

 クーラーと言えば、AVアンプ用にも扇風機orファンが欲しいですね。AVアンプとラックの隙間が8cmしかない状態なので、夏場は熱々状態なんですよね。

 そこでラック内の空気を循環させる為に量販店に扇風機を買いに行きました。扇風機なら人間も涼めますしね。ところが・・・なんと、扇風機一台もありませんでしたっ!全て売り切れだったんですよね。売っていたのは首を振ることが出来ない卓上用の扇風機だけ。いやいや~、テレビによる節電意識の広まりは凄いですね~。

| | コメント (2)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »