« 最近「日常」が面白い! | トップページ | とことん歌う声優コレクション »

2011年7月20日 (水)

塔の上のラプンツェルを観ました

 待ちに待った「塔の上のラプンツェル」が発売されました。早速、ヨドバシカメラにてブルーレイ版を購入!とりあえず日本語吹き替えと英語で1回ずつ観ました。

 観終えた感想は、「これぞ、ディズニーアニメ!!」って感じで、最後まで安心して観られました。良い意味で昔のディズニーアニメを踏襲しているんですよね。やっぱりディズニーは、こんな感じの王道が似合うと思います。どちらかと言うと、奇をてらってプリンセスと王子様を結婚させなかった「魔法にかけられて」よりも、王道で予定調和の「塔の上のラプンツェル」の方が好きですね。愛する人の為に自分の一生を捨てる覚悟をしたプリンセスと、愛する女性を救うために命をも厭わない男、そして最後にはこの二人が結婚して幸せに…、もうベタベタだけど、ディズニーっぽくて良いじゃない。

 それと多くの人が感想で書かれているように、夜空に浮かぶランタンのシーンが素晴らしかったです。もちろん映像は当然として、ランタンを浮かべた王様と王妃の想いを考えただけでも胸が詰まりましたもの。

<参考資料>
実際に台湾で行われた アジアの奇祭「天燈」の映像を見つけました。幻想的で綺麗ですね!

 そうそう、ラプンツェルの吹き替えは中川翔子(しょこたん)です。彼女の声はラプンツェルに凄く合ってましたね。しょこたんは普段から声優の仕事も手掛けているので、流石!って感じです。最後まで安心して聴いていられました。

 「塔の上のラプンツェル」はミュージカルなので、ラプンツェルが歌っているシーンも、てっきりしょこたんが歌っていると思ってました。しょこたん、歌手だし。…とは言っても、しょこたんの声に似ている歌手が歌っていたので違和感はありませんでしたけど。そうそう、ラプンツェルの歌と言えば、英語バージョンの歌い手さん、凄く良いですよ!生き生きしていて感情が全面的に伝わりましたもの!

 最後に・・・、映画に刺激を求める人には薦められませんが、誰もが安心して観られる良質なアニメですので、気の置けない友人や家族と一緒に観るのにお薦めの映画です。まだ未見の方は夏休みにでもレンタルして観てみて下さい。きっと団欒の一時が味わえると思いますよ。

|

« 最近「日常」が面白い! | トップページ | とことん歌う声優コレクション »

コメント

中川翔子(しょこたん)はエライ!!

アニメ、漫画に対する愛が半端じゃない!!

イラスト、漫画はプロ並みって言うかプロ!!

墓場鬼太郎では鬼太郎と悲恋に落ちる猫娘の原型「寝子」の声を熱演!!
さらに、 劇中挿入歌、エンディングソングまで歌ってしまう ...


その上、ポケモンでは5年連続でポケモン映画に出演してしまうなど・・・


あ――っ、ディズニーと関係ない話になりましたね。

やっぱり、ディズニーは白雪姫とか眠れる森の美女のような
愛とファンタジーがあっていると思いますね。

劇場アニメはアクションもいいけど
夢の様な、幻想的で綺麗なひと時は
本来あるべき姿でしょう。

ジブリもそっちの方があっているんじゃないでしょうか。

太陽の王子 ホルスの大冒険や長靴をはいた猫のようなアニメを
また作ってほしいものです。
なにしろ東洋のディズニーを目指した末裔たちなのだから・・・
(厳密に言えば東映動画が目指したのであり、
スタッフはソビエトのアニメに感化されてた人が結構いたそうです)


投稿: あおば映治 | 2011年7月25日 (月) 23:23

あおば映治さんへ

あおばさんは、しょこたんが好きなんですね。しょこたんは元気があって良いなぁ…って、彼女を見るたびに思ってます。

ここ数年のディズニー映画の中で面白いと思ったのは「HOLES」くらいですね。(ピクサー除く)「塔の上のラプンツェル」はそれよりも面白かったので大満足です。やっぱりディズニーは他社が真似できないくらいの王道作品を創って欲しいですね。そしてそのキャラクターがエレクトリカルパレードで大活躍する!なんてのが良いなぁ。

ジブリは後継者であるはずだった近藤喜文さんが亡くなられたのが痛いですね。アニメならではの人物の動きを楽しく描ける人でしたし・・・。「太陽の王子 ホルスの大冒険」は好きでしたよ。あまりにもセル画枚数が多いので、「これが長編劇場アニメなのか!」って驚いたものです。ジブリには実写ドラマ風のアニメではなく、アニメでしか表現できない動きのある作品を創ってもらいたいですね。

投稿: さいた | 2011年7月27日 (水) 03:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近「日常」が面白い! | トップページ | とことん歌う声優コレクション »