« ガフールの伝説 | トップページ | ヒックとドラゴン »

2011年12月13日 (火)

くもりときどきミートボール

Meatballs003

「くもりときどきミートボール」blu-ray版を買いました。

 絵柄に独特の癖があったので少々取っ付き辛かったですが、物語自体がオーソドックスな創りだったので、観始めてしまえば普通に物語に集中する事ができました。声優の皆さんも上手くて日本語吹き替えで聴いても大満足。さすがプロの声優さんは一味違いますね。

 テーマは、劣等感を持っている人達への応援歌?
「発明自体は悪じゃない、使用者が正しい使い方をすれば皆が幸せになれるんだよ。へこたれるなっ科学者!」
この作品の場合は、そんな風に感じました。

 それと全体を通してギャグがテンコ盛りです。シリアスな場面でも、アクション場面でも、感動的な場面でも、ありとあらゆる所にギャグをふんだんに盛り込んで観客を楽しませようとしています。そのギャグのタイミングが絶妙なのも素晴らしい点です。ジョークのセンスが合う人は終始笑いが止まらないと思います。

 アメリカでは興行収入ランキングで2週連続1位を獲った大ヒット作だったそうですが、日本では何故かヒットしなかったみたいです。宣伝不足なのか、日本人とはセンスが合わない作風なのかは判りませんが、もう少し日本で人気が出ても不思議じゃない作品だと思いました。

 最後にひと言、「くもりときどきミートボール」はスラップスティックSFパニックアニメの傑作です!

|

« ガフールの伝説 | トップページ | ヒックとドラゴン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86933/53463287

この記事へのトラックバック一覧です: くもりときどきミートボール:

« ガフールの伝説 | トップページ | ヒックとドラゴン »