« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月の6件の記事

2012年1月28日 (土)

スター・トレック

Ster_trek

スター・トレック [Blu-ray]を購入しました。

 DVDからの買い替えです。DVDではいまひとつ画質音質面で納得が出来なかったのでBDの購入に踏み切りました。やっぱり綺麗な画面は良いですね。ぼやけていた星の一つ一つまでクッキリと見えるようになりました。音もドルビーTrueHD収録の英語はかなりの迫力です。残念な点は日本語がドルビーデジタルで収録さてれいるところ。吹き替えファンとしてはちょっとガッカリです。それでもDVDのドルビーデジタルよりは音質が良いんですけどね。

 内容はと言いますと、本家のスタートレック(宇宙大作戦)とは全く違う趣の作風なのですが、そんな事はどうでも良いと思えるほど面白い作品に仕上がっています。最初から最後まで退屈する場面はなく、まるでジェットコースターに乗っているような感じです。それと7人のクルーそれぞれの見せ場もあって、キャラクター物としても楽しめるところも良いですね。

 本家スタートレックを一回も観た事がない人でも楽しめる創りになってますので、興味がある方は是非御覧になってみて下さい。SFとしてはかなり敷居の低い作品になっていて、エンターテイメント性も抜群ですから、気難しく考えないでポテトチップスを食べながらどうぞ♪

Ster_trek4

 併せて本家の映画スター・トレックⅡ Ⅲ ⅣのBDも購入しました。その中でも特にⅣが大好きで、DVDの黎明期にソフトを買って繰り返し観た覚えがあります。今回もⅣだけを買うつもりでしたが、Ⅱ Ⅲ Ⅳは連作なので思い切ってまとめて購入しちゃいました。画質は80年代の映画でもBDで観ると意外と綺麗ですね。この時代の好きな映画もBDで揃えたくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月23日 (月)

ティンカー・ベルと妖精の家

Tinker_bell_3

ディズニーアニメの「ティンカー・ベルと妖精の家」BLU-RAY+DVD版を購入しました。

 「ティンカー・ベルと妖精の家」は、ディズニーのティンカー・ベルシリーズの第3作目にあたる物語です。1作、2作目は然程興味をそそられなかったので観てないのですが、3作目はティンカー・ベルと人間の女の子が仲良しになっているパッケージが気になったので観てみることにしました。

 実は文化(世界)が違う住人が触れ合いを通して友達になる物語って大好きなんです。言葉が通じない者同志がどうやって解りあえるのか、どうやって仲良くなれるのか、そんな過程を見せてくれる物語に興味があるんですよね。

 さて「ティンカー・ベルと妖精の家」ですが、妖精のティンカー・ベルと人間の女の子が仲良くなる過程が丁寧に描いてありました。いきなり友達になるのではなく、徐々にお互いを知り、友達になってゆく過程を順序だてて描いてるんですよね。当たり前といえば当たり前なのですが、こう言った過程を御座なりにしている作品を見かけることが多くなったので、ちゃんと描いてある作品を観るとホッとします。

 それともうひとつのテーマは、妖精を信じる少女リジーと、見えない物は存在しないと思っているお父さんとの関係です。リジーはお父さんに妖精の存在を知らせたい、でもお父さんに妖精を見せるとティンカー・ベルが標本にされちゃうかもしれない、そんなリジーのジレンマに同調しちゃいました。それと最後の最後で二人が打ち解けあうシーンもお見事です。

 1作、2作目は映画館で上映されましたが、3作目の「ティンカー・ベルと妖精の家」は映画館では上映されずにOVAだけでの販売になったそうです。映画館での興行成績が振るわなかったのが原因なのかは判りませんが、「ティンカー・ベルと妖精の家」はとても良く出来たディズニーの名作ですので、映画館で上映されなかったのはちょっと勿体無いなぁって思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火)

少年マイロの火星冒険記

Mars_needs_moms

「少年マイロの火星冒険記」の2Dブルーレイ+DVDセットを購入しました。

 口喧嘩の時にマイロがママに言ったひと言、「僕だってママがいなきゃ、ずっといいよ」。その後、本当にママが居なくなってしまう物語です。

 配給がディズニーだけにBD版は超美麗な画質と音質でした。オマケでDVDが付いてますが、やっぱりBDの方がはるかに綺麗ですね。特に無機質な火星に鮮やかな色が加わった時の感動はBDじゃないと味わえないと思いました。

 物語はグダグダになりそうな場面もありましたが、母と子の絆と言うテーマに一貫性があったので、最後まで気持ち良く観ることが出来ました。マイロのママがマイロにヘルメットを被せるシーンも感動的でしたが、個人的にはグリブルが自分のママを救おうとした際のヘルメットでマイロの母親を助けたシーンの方が心に響きました。たとえグリブル自身のママじゃなくても、母親を助けるということ自体がグリブルにとっての救いになったと思うのです。これにより長年に渡って悩み続けたグリブルの自責の念も解けたはず。

 もうひとつのテーマは家族揃っての子育て?でもこれに関しては薄っぺらい感じがしました。ちゃんとテーマ性を出したいのならマイロの父親の登場場面をもっと増やさないと説得力がないですよ。

 そうそう、グリブルが話す内容が30年位前のネタばかりで笑えました。火星で苦労した月日が垣間見られるネタなのに描き方がユニークなんですよね。それと火星人女性のキイも良いキャラクターでした。反体制の象徴を色彩豊かな花で表現するなんてディズニーらしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月13日 (金)

モンスターハウス

Monsterhouse

「モンスターハウス」BD版を購入しました。

 製作総指揮:ロバート・ゼメキス、スティーヴン・スピルバーグの子供向けホラーアニメです。ホラーと言っても物語自体には怖さはなかったですね。キャラクターデザインの方がよっぽど怖かったです。特にモンスターハウスの主人であるネバークラッカーの顔は怖いの極地です。小さな子供だったら顔を見ただけで泣いちゃうかも。

 気に入ったキャラクターは生徒会長の女の子ジェニー。キモかわいいですね。ホラーならではのキャラクターデザイン?

 内容面では、物語の肝であるネバークラッカーとコンスタンスの関係がイマイチ良く解りませんでした。ネバークラッカーはコンスタンスに同情したのでしょうか?それともコンスタンスの事を愛していたのでしょうか?この辺の感情が描かれてないので、ネバークラッカーにもコンスタンスにも感情移入が出来ませんでした。

 それとベビーシッターのジーもモンスターハウスに食べられて欲しかったです。あれだけ主人公のDJに対して意地悪をしたのに何のお咎めもないのは如何なものかと・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 7日 (土)

サーフズ・アップ

Surfs_up

「サーフズ・アップ」BD版を買いました。

 全編を通してドキュメンタリー形式で話が進むところが面白かったです。まるで夜中に放送されているアメリカのドキュメント番組を見ているようでした。観ている内にペンギンのサーファーが本当に存在しているよな錯覚を起こしちゃいましたよ。インタビュー形式とか、盗撮とか、サーフィンTV番組とかを色々と織り交ぜて、如何にも現実っぽく仕立てているところがミソですね。

 ガッカリしたのは全編を通して画面にフィルムグレイン風の粒状ノイズが乗っている事です。ドキュメンタリー風ならではの演出なのかどうかは判りませんが、できれば一部の演出以外は嘘でも良いから美しい画質にして欲しかったです。同じような演出の「クローバーフィールド」は家庭用ビデオカメラと言う設定でも超美麗な画面でしたし。

 内容は面白いと言うよりも心地良いって感じかな。特にコディとギーク(ビックZ)の師弟関係が親子みたいで微笑ましかったです。それとコディは若い頃の自分、ギークは今の自分を重ね合わせて観ていました。二人には共感できる部分がいっぱいあるんですよね。特にギークは世代交代の悩みを経験した僕にとっては共感し易かったですもん。

 兎にも角にも一風変わった演出のアニメですが、個人的には好きな部類に入る作品でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

平成二四年元旦

Otome068_2

あけましておめでとうございます~♪

 今年は週に一回以上はブログを更新して、CGの新作もUPしようと思います。そんな感じで久々にお絵かきソフトで絵を描こうとしたら、線画の抽出の仕方を忘れて四苦八苦しちゃいました。やっぱり休むと元の感覚を戻すまでに時間が掛かりますね。 「岡、何日休んだ」 「何日、練習をさぼった」「1年です」と言う感じかな?

 それでは稚拙なブログですが今後ともよろしくお願いします。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »