« 立体視交差法って凄い! | トップページ | アバター »

2012年2月 9日 (木)

ラストエグザイル-銀翼のファム-


 BD-REに録画保存しておいた「ラストエグザイル-銀翼のファム-」を1~15話まで一気に観ました。まとめてみた方が気持ちが途切れずに観られるので、毎週一話ずつ観るよりも面白かったです。

 放送開始直後の印象は、何が面白いのかが掴み辛い作品でした。ただ、なんとなく絵が可愛い、戦闘シーンが凄いので、レコーダーに録画しつつ視聴を継続させてました。暫くして宇宙からの帰還民と、星に残された永住民との争いだと言う事が提示されたので、それ以降は戦局と歴史を観るように心がけました。すると一気に面白さが増してくるではありませんか。戦局は三国志で言うところの曹操vs小国の連合軍、歴史観はイスラエルとパレスチナの関係みたいな感じでしょうか。架空の歴史の戦局を体感するには充分な作品になりました。それ以降はレコーダーに録画したものをBD-REに保存するようになりました。

 大局の中ではアデス連邦vsグラキエスの攻防に思わず息を呑みました。特に最強兵器対最強兵器の戦いは圧巻でしたね。その戦いの中で、ケイオス出身の部隊を駒のひとつとして見殺しにするアデス連邦、その戦略に怒りを抑えきれないヴァサントの反逆などなど、戦局の流れも十二分に堪能させて貰いました。

 全体と通してみると、ファムが15匹目の鯨を捕獲するシーンが無かったのが勿体無いと思いました。個人的にはファムとジゼが袂を分かつ話よりも観てみたかったです。

 今後の展開では、サーラを擁立したヴァサント&各勢力とルスキニア軍の戦い、そしてアナトレーの動きが楽しみです。

|

« 立体視交差法って凄い! | トップページ | アバター »

コメント

こんにちは。いつもお世話になります。

「ラストエグザイル-銀翼のファム-」、一気に視聴されたんですね。設定が入り組んでいるお話なので、その方が全体が把握しやすいでしょうね。
私は毎回視聴ですが、公式HPを参照しつつでないと、全体をつかみづらいところがありました。

この作品、世界観が壮大なところがいいですね。その一方で、ファムやジゼといった個別のキャラもしっかり描かれていて気に入っています。
私の場合、最初に惹かれたのは音楽でした。真綾さんが主題歌を歌われていたこともありますが、OPもEDも音楽がいいな〜と思ってます。

物語はちょうど折り返し地点くらいだと思いますが、この先それぞれの勢力がどう動いていくのか、ファムたちが望むグランレースが本当にもう一度開催できるのか、先行きが楽しみです。

投稿: 横溝ルパン | 2012年2月 9日 (木) 17:13

横溝ルパンさんへ

コメントをありがとうございます。

確かに設定が入り組んでますよね。週に一度での視聴の際は、先週までの流れを忘れてしまったりして、置いてけぼりを食らいそうな時もありました。でも「後でまとめて観るからいいや!」って感じで、物語が解らなくてもスルーしちゃいましたけど…(笑

本当に壮大な世界ですよね。その壮大な世界設定が本作の魅力のひとつですね!それと音楽も良いですよね。特にED曲が日本語じゃなかった(ロシア語?)回は、とっても神秘的でした。思わず歌声に引き込まれましたっけ。

「グランレース=平和の象徴」なので、最後にグランレースが開かれると良いですよね。前のグランレースは血で血を洗う散々な一日だったので、次こそはそんなことが起こらない世界になって欲しいですもの。

投稿: さいた | 2012年2月 9日 (木) 18:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86933/53939542

この記事へのトラックバック一覧です: ラストエグザイル-銀翼のファム-:

« 立体視交差法って凄い! | トップページ | アバター »