« マンガを描いてみよう ③ | トップページ | ガールズ&パンツァー劇場版 »

2013年3月13日 (水)

マンガを描いてみよう ④

『web公開用にトーンを綺麗に貼る方法』

 あおば映治さんからWeb拍手に前回の記事についてのコメントを頂いたので、今回は網トーンの張り方について徹底研究してみました。数多く色々と試しましたが、今回はその内の代表例を5つUPしてみようと思います。トーンはCLIP STUDIO PAINT PRO(クリップスタジオペイントプロ)の素材を使用しています。(60線15%、60線30%使用)


 まずは解像度350dpiの線画にトーンを貼り、そのまま72dpiに縮小した絵です。これでは網目が粗すぎます。
Clip010a


 次は解像度350dpiの線画にトーンを貼り、全てのレイヤーを結合させてから72dpiに縮小してみました。網目は細かくなりましたがモアレができてしまいました。
Clip010b


 次は解像度144dpiの線画にトーンを貼り、全てのレイヤーを結合させてから72dpiに縮小してみました。モアレもなく綺麗に表示されました。《成功です》
Clip010c


 前の実験が上手くいったので「縮小の割合を倍数にすれば上手く行くのではないか?」と思い、今度は解像度288dpiの線画に、トーンを貼り、全てのレイヤーを結合させてから72dpiに縮小してみました。僅かながらモアレが出来てしまいました。
Clip010d


 だったら初めから等倍の72dpiの線画にトーンを貼れば上手くいくのでは?と考えました。ですが等倍にすると網目が大きくなってしまいました。
Clip010e

 実験結果は以上です。他の成功例として、解像度200dpiの線画に網トーンを貼ってからレイヤーを結合させて、最後に100dpiに縮小しても良い結果が得られました。解像度を半分にするのがポイントなのかもしれません。解像度を半分にするのは(指定の形式で保存)→(出力サイズの指定)の際でもOKです。尚、厳密には縮小したものは網点ではないのですが、それっぽく見えると言う事で御容赦を。

 それと背景トーンもクリップスタジオの素材ですが、網トーンと違って全て綺麗に縮小されています。これはグレースケールで描かれた素材だからだと思います。

【おまけ】
 絵の大きさを変えてみました。トーンを貼る前に(画像解像度の変更)にて幅と高さを変更するだけで自由に変えられます。
Clip011f

 最後に、あおばさんありがとうございました。もしかしてクリップスタジオでも網トーンが綺麗に貼れるんじゃないか?と言う疑念を持ちつつも、大変なので実験を避けていたのですが、あおばさんのwebコメントでその気になって試したら上手くいきました。

p.s
今回のモデルはヴィナのお母さんです。

|

« マンガを描いてみよう ③ | トップページ | ガールズ&パンツァー劇場版 »

コメント

さいたさん、ありがとうございます!!
そして、ご苦労様でした!!!

クリップスタジオに限らず、どうも縮小とモアレ、網目が粗すぎるという理由がイマイチわからなかったのですが、
『web公開用にトーンを綺麗に貼る方法』を読んでスッキリした気がします。
解像度と縮小の度合いが大いに関係していたんですね!!

<それと背景トーンもクリップスタジオの素材ですが、網トーンと違って全て綺麗に縮小されています。これはグレースケールで描かれた素材だからだと思います。


ComicStudioでWEB用に書き出した場合、綺麗に縮小することができたというのは、
元々の画像がモノクロ2値であったものを、グレースケール変換したために縮小による
画像劣化が目立たなくなったということでございます。
http://www.clip-studio.com/clip_site/support/help/detail/svc/53/tid/36251

これのことなのですね!

それでグレースケールでupされてるマンガが多い理由も納得したのでした!!

投稿: あおば映治 | 2013年3月15日 (金) 01:18

あおば映治さんへ

今回は色々とありがとうございました。

白黒印刷ではグレースケールを使えないので網トーンが必要になるんですが、ネット配信ではグレースケールが使えるので、初めからグレーで塗っちゃえば良いといえば良いんですよね。

でも今まで紙の印刷物に慣れ親しんできた所為か、ネット配信でも網トーンを使いたいんですよね。詰まらない拘りと言えばそれまでなんですけど…。いつかは印刷物の呪縛も解けると思いますが、その時までは網トーンで頑張ってみます!

そうなんですよね、ComicStudioでは普通に保存するだけでグレースケール変換してくれましたよね。でもCLIP STUDIO PAINT PROでは変換してくれませんねー。なので600dpiで描いた後に、印刷もしたいし、ネット配信もしたいと言う人は、網トーンを貼る前に一旦保存して、その後に印刷用とネット配信用の原稿を分けて網トーンを貼るしか手はないのかもしれませんね。

投稿: さいた | 2013年3月15日 (金) 07:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86933/56944160

この記事へのトラックバック一覧です: マンガを描いてみよう ④:

« マンガを描いてみよう ③ | トップページ | ガールズ&パンツァー劇場版 »