« パーソナルアンプ | トップページ | ウォーキング »

2013年7月24日 (水)

三つの奇跡

 7月17日(水)早朝、急にお腹が痛くなって救急車で病院に運ばれました。病院でCTスキャン・レントゲン・採血などの検査したところ、病気は腸炎だとわかりました。そのまま緊急入院です。先生曰く、1~2週間程度の入院が必要とのこと。

 それとこの時の検査で血糖値がべら棒に高い(470)事もわかりました。担当のベテラン看護師さんも診た事のない高い値みたいだそうで、糖尿病がかなり進行しているかもしれないとのことです。併せて、腸に血栓(血管に血が詰まる)があることも判明しました。血栓は糖尿病が原因で起こることがあるそうなので、その他にも血栓が有るか無いかを検査をしました。糖尿病の場合の血栓は足に出来るそうなので、まずは足のエコー検査を、それと目の眼底検査もしてもらいました。目は網膜症(失明します)を調べるためです。夜中に足が攣る症状も糖尿病の症状のひとつだと担当医に聞かされたので、足の血栓、腸にできた血栓を取り除く手術、自宅で行う糖尿病のインスリン注射、最低限このくらいの治療はするだろうなと覚悟をしました。

【ひとつ目の奇跡】
 腸の炎症が治まった頃合を見計らって、改めてCTスキャンにて腸の血栓の再検査を行いました。なんと不思議なことに腸の血栓が消えていました。おまけに足にも血栓がありませんでした。これで手術をしなくて済みましたし、糖尿病の病状も手遅れ状態じゃなくて済みました。

【ふたつ目の奇跡】
 すい臓の働きが完全に止まってなかったので、自宅にてインスリン注射を打つ事は避けられました。すい臓からインスリンを促す飲み薬と、食事療法と、適度な運動をすれば、これ以上の病状が進むことはないとの事のです。べら棒に高い血糖値だった事を考えると、これは全く信じられない奇跡です。(担当看護師さんも奇跡だと言ってました)

【みっつ目の奇跡】
 腸炎になったこと。腸炎になって入院しなければ、このまま糖尿病は進行していたはずです。もしかすると半年後、一年後は合併症で色々な臓器が蝕まれていたかもしれません。そう思うと、その前に糖尿病が発見できて本当に幸いでした。

 そんな訳で、今日無事に退院して帰宅しました。改めて振り返ると、夜中に足が攣って痛かった事を筆頭に、短期間で体重が13~15キロくらい減ったことや、身体中がだるくて何をするにも辛かったこと、喉が異常に渇いて水物を沢山飲んでいたことも全て糖尿病の所為だったみたいです。(これらの糖尿病による症状は看護師さんから教えてもらいました)

|

« パーソナルアンプ | トップページ | ウォーキング »

コメント

驚きました。でも、早く糖尿病が見つけられてよかったです。

食事療法と、適度な運動は大変かもしれませんが、
インスリン注射を打つのに比べたら大きな違いだと思います。

本当に三つの奇跡でしたね。
しばらく、ごゆっくりお休みください。

投稿: あおば映治 | 2013年7月24日 (水) 22:27

あおば映治さんへ

ありがとうございます。

血栓が見つかった時は、これから苦しい闘病生活が始まるのか…と、かなり落ち込みました。血栓が頭に出来ると脳梗塞、心臓に出来ると心筋梗塞、糖尿病が進行すると本当に怖いことだと看護師さんに教わりましたしね。

この奇跡を無にしないように、食事療法と適度な運動はしっかり続けようと思います。食事毎にインスリン注射をする事を考えれば楽な療法ですしね。

投稿: さいた | 2013年7月24日 (水) 22:44

ご無沙汰しています。もきゅっです。

ましこどりさんから腸炎で入院の旨、聞きました。
まさか、そこまでだったとは。
入院したお蔭で、糖尿病が発見できたのは不幸中の幸いでしたね。
私は定期的に献血に行っていて、血液検査もついでにやってもらっています。
今のところは血糖値の異常はないみたいなので、糖尿病の危険は無さそうですが、運動不足なのはさいたさんと一緒です。
本気で何かしら運動を意識的にやらないとイカンと思った次第。
どうせ運動するなら楽しく続けられるようにしないと。
ということで、屋内で踏み台昇降しながらアニメを見る運動でもやろうかと。
これならアニメを消化しつつ、運動もできる。おお、なんという一石二鳥なアイデア!
尚、実現できるかは本人の意思次第ということで。

投稿: mokyuxtu | 2013年7月31日 (水) 21:47

こんにちは。ご無沙汰してしまいすみません。

と思ったら、ご無沙汰していた間に、さいたさんはとんでもないことになっていたんですね。でも、いろいろな奇跡が重なって、手術することなく退院することができて本当によかったです。

私も病気を抱えているので思いますが、健康なのは当たり前のように思ってきましたが、実はとってもありがたいことだったんだなあと思います。

それでは、くれぐれも体をいたわって、ゆっくり休養してくださいね。

投稿: 横溝ルパン | 2013年8月 1日 (木) 11:55

もきゅっさんへ

腸炎が痛くて苦しかったのは初日くらいで、5日間の点滴(栄養剤&抗生物質)の投与で治りました。それと3日間の絶食と流動食~三分粥~五分粥はまるでラマダンをしているみたいでしたよ。今となっては良い思い出です。

でも問題は糖尿病の方で、血栓が見つかった時は流石に焦りました。この時に皆に連絡しようと思ったんですが、病院の電話は夜八時までなので、確実に連絡できるのはましこさんくらいで…。そこで皆への連絡事項をましこさんに頼みました。

今後はカロリーの高いスナック菓子や菓子パンやジュース、それとコレステロールが多い食べ物は極力控えなければならなくなりました。それと間食も禁止。残念ながらトマトゼリーはもう食べられませんw

もう足は痛くならないので何キロでも歩けます。一昨日は10キロ歩きました。今後は即売会で座り込む事はありませんよ!

健康な人でも一日1万歩以上のウォーキング。これが基本みたいです。無理に運動するよりも健康には良いみたいですよ。

投稿: さいた | 2013年8月 1日 (木) 18:27

横溝ルパンさんへ

まさか足が攣る原因が糖尿病だったとは、入院するまでは考えもしませんでした。足が攣った去年の段階で、病院で診てもらえば良かった…と反省しています。

これまでは登山を終えた時の様な疲労感いっぱいの毎日でしたが、今は身体が軽くなり、何かをしよう!という気力も湧きつつあります。ルパンさんが書かれた通り、本当に今回の件で健康の大切さを実感しました。色々とルパンさんも大変かもしれませんが、上手く病気と付き合っていって下さいね。

投稿: さいた | 2013年8月 1日 (木) 18:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86933/57856163

この記事へのトラックバック一覧です: 三つの奇跡:

« パーソナルアンプ | トップページ | ウォーキング »