« 2013年8月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年9月の3件の記事

2013年9月10日 (火)

更紗ちゃん

84329_1378619723_273

 すぴばるで仲良くして頂いているおざぶ+さんが更紗を描いてくださいました。描いて下さるだけでも嬉しいのに、こんなに素晴らしい絵に仕上げて頂けるなんて本当に感謝感激ですー♪

 少しお姉さんになった更紗って感じで、とても魅力的女の子に成長していますね~。「あと数年経つと小学生の更紗は、こんな感じになるのかな?」なんて想像するだけでも楽しいです。

おざぶさんへ。
 この「更紗ちゃん」を見ていると、病気で沈んだ気持ちが、す~っと消えてゆきます。そしてまた自分も更紗を描いてみたい…、そんな気持ちになりました。本当にありがとうございます。今後も仲良くして下さいね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月 9日 (月)

食事療法

 逆流性食道炎の薬を飲んでから一週間が経ちました。現在は痛いながらも歩けるようになり、今日はゆっくりですが近くのショッピングモールにまで行くことが出来ました。とは言え、まだまだ普通の日常生活を送れるようになるまでには時間が掛かりそうです。やっぱりなかなか治らないんですね、逆流性食道炎は…。

 さて、今回は食事療法の話です。逆流性食道炎の治療には薬療法と食事療法があります。食事療法では胃の粘膜を保護したり、胃の消化を助ける食べ物を積極的に取り入れる事が肝心で、その代表的な食材はキャベツだそうです。それとレタスやパセリやセロリやアスパラガスも良質な食材みたいです。実はキャベツとレタスは糖尿病にも良い食べ物なので、今現在も毎日のように食べてるんですよね。それと消化の良い食べ物と言うことで、蕎麦や御粥を食べてます。後は横溝ルパンさんに薦められた消化器系の炎症に効くと言われているカモミールティーも飲んでます。小さじ一杯の蜂蜜を入れると物凄く美味しいんですよね。牛乳を加えるとインドのチャイそっくりの味だったりして。

 反対に逆流性食道炎の患者が食べてはいけない物は、高脂肪食品、香辛料、糖分、アルコール、柑橘類などだそうです。これらの殆どが糖尿病患者も食べてはいけない食べ物と重なっているのが不幸中の幸いでした。改めて食事の改善を行わなくて済みましたから。前の記事でも書きましたが、新たに食べてはいけない物の中に炭酸飲料水(コーラゼロ)が入っていたのだけは悲しかったですけどね。

 以上のように、糖尿病のカロリー制限を含んだ食事療法さえ守っていれば、自ずと逆流性食道炎の食事療法も守れることがわかりました。兎にも角にも早く普通に歩けるようになりたいです。じゃないと糖尿病の三大療法のひとつ、運動(ウォーキング)が再開できませんから。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年9月 2日 (月)

逆流性食道炎

【8月10日】
歩くと胃の辺りが少し痛む。

【8月17日】
痛みが増して立ちくらみがしたので夜間救急外来で診てもらう。痛み止めを貰って様子を見る事に…。

【8月20日】
痛み止めを飲んでも痛みが治まらなかったので消化器内科で診てもらう。二日後に内視鏡検査(胃カメラ)を予約する。

【8月22日】
内視鏡検査をする為に病院に行く。想像していた以上に苦しかった。カメラが喉に入った瞬間に吐き気を催したが、検査は3~5分で滞りなく終わる。

【9月2日】
次の通院日は9月10日。しかし思った以上に病状が悪化してきたので急遽病院に行く。内視鏡検査の結果が出ていたので教えてもらう。病名は逆流性食道炎。薬局で薬を貰い帰宅。

 以上が近況です。この3週間は、胃の辺りが痛いし、息苦しいし、背中も痛いしで、何か怖い病気にかかってるんじゃないのかと不安な毎日を過ごしていました。今は病名が判って少しだけホッとしています。

 ただ処方箋は即効性がなく、10~20日は飲み続けないと効き目が表れないみたいなので、時間を掛けてゆっくりと治していく事になりそうです。その間、散歩ができないのがちょっと辛いかな。それと逆流性食道炎の患者が食べてはいけない物のひとつに炭酸飲料水がありました。糖尿病患者が唯一飲めるジュースのコーラゼロが飲めなくなったのはメチャクチャ辛いです。コーラゼロが毎日の楽しみだったんですよね。これは試練です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2014年1月 »