« 直線と曲線の練習 | トップページ | グリッドを使って建物を描く »

2014年2月 3日 (月)

特殊定規とパース定規の練習

 今回は「CLIP STUDIO PAINT PRO」の特殊定規とパース定規を使って背景の練習です。

 まずは一番簡単な特殊定規のふたつの平行線を使って描きました。縦と横の線を描くだけの簡単な手法です。立体的なものが無いので意外と描き易かったですね。

Clip017

 次は三点透視を使った体育館の風景です。やっぱり三点透視も覚えた方が何かと役に立つので練習することにしました。今回はパース定規の使い方を覚える為の練習なので線は適当に引いています。

Clip018

 最後は一点透視です。ただ単に理路整然としているのでは練習にならないので、消失点を多くして机上の物に乱雑さを与えてみました。消失点は増やせば増やすほど操作も複雑になるので、こんな図形の集合でも思ったよりも時間が掛かりました。

Clip019

 今回は以上です。パースを使った背景は越えなければいけないハードルが沢山ありますね。複雑なパースの操作方法がわからない、慣れていないので作業が遅いなどなど、今回のような適当で単純な背景でも本当に苦労しました。完全デジタルに移行するのは時間と根気が必要かも…、できるかな?

|

« 直線と曲線の練習 | トップページ | グリッドを使って建物を描く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86933/59064958

この記事へのトラックバック一覧です: 特殊定規とパース定規の練習:

« 直線と曲線の練習 | トップページ | グリッドを使って建物を描く »